編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ActionScript向けIDE:FlashDevelop 3.0.0 Beta5

原井彰弘

2007-12-05 15:17

 FlashDevelopプロジェクトは12月2日、ActionScript開発向け統合開発環境(IDE)「FlashDevelop」の新バージョン「FlashDevelop 3.0.0 Beta5」をリリースした。

 FlashDevelopは.NETを用いたオープンソースのスクリプトエディタで、主にActionScriptバージョン2、同3を用いた開発向けに作られている。すぐにセットアップでき、使用方法も簡単であることが特徴だとしている。プロジェクト管理機能のほかに、コードの補完機能、クラスパスの自動検出機能、MTASCのコードチェック機能などを提供しているほか、SWFプレイヤーやソケット通信のログ機能も組み込まれている。

 今回リリースされた新バージョンでは、新たにキャッシュ機能が搭載され、IDEの起動やプロジェクトを開く際にかかる時間が短縮されたほか、メソッドのオーバーライドに対するコード補完やコード生成機能が追加された。また、完全に独立したアプリケーションとして動作させることが可能になったため、FlashDevelopをUSBメモリなどに入れて別のコンピュータで利用できるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]