ブロケード、FANソフト「StorageX」をIBMのNAS製品向けに対応

田中好伸(編集部) 2007年12月05日 19時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブロケード コミュニケーションズ システムズはこのほど、ファイル・エリア・ネットワーク(FAN)ソフトソリューション「Brocade StorageX」のラインアップを、IBMのNAS製品「IBM System Storage N」シリーズ向けに「Virtual File Mnager」(VFM)として拡充したことを発表した。

 VFMの主要機能は、異機種混在のファイルサーバ環境下でファイルアクセスの仮想化を実現するというもの。この機能を活用することで、Windows、UNIX、Linux、System Storage Nシリーズのどのストレージに格納されているデータに対しても、エンドユーザーに物理的な保存場所から切り離した単一の論理ビューを提供できる。

 この機能によって、管理者はエンドユーザーのファイルアクセスに影響を与えることなく、ファイル環境をシンプルに管理できるようになる。また、VFMは、ファイル仮想化機能に加えて、サーバやストレージの統合、データ移行、ディザスタリカバリ/事業継続、リモート拠点のデータ管理、データ分類、レポーティングなどのための作業を自動化するポリシーベースの機能を備えている。

 ここ最近、至るところでデータの爆発的増加にどう対応するかが話題になっている。この爆発的に増加を招いているのが、データベースに格納される構造化データとは別の、非構造化データの増大である。

 この非構造化データとともに課題となっているのが、仮想化技術によるサーバ統合だ。サーバ統合自体はTCO削減上有効とされているのだが、課題とされているのが、サーバを仮想化したことでファイル環境が複雑化しているのである。

 非構造化データの増加とサーバ仮想化でファイルアクセスの環境は複雑化し、その管理もしづらくなっているというのが、管理者にとっての課題となりつつあるのだ。

 だが、事業継続管理(Business Continuity Management:BCM)や法令順守(コンプライアンス)、コスト削減圧力の高まりを受けて、企業のシステム管理では、ファイルデータをより効率的に、それでいて信頼性の高い環境で管理することが求められるようになっている。

 今回のブロケードのラインアップ拡充は、こうした課題に対応するものとなっているのである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算