編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Leopard解体新書--第8回:Core Animationで1000 Songsに挑戦 - (page 3)

木下誠(HMDT)

2007-12-06 17:57

画像を積み重ねる

 画像が1つだけでは面白くない。もっとたくさんの画像を表示しよう。

 1つめの画像が登場したら、その上に新しい画像を表示することにする。もちろん、アニメーションしながらだ。それが終わったらさらにその上、というように、どんどん追加していこう。

 この新しく追加した画像は、新しいレイヤーということになる。Core Animationの特徴は、レイヤーが非常に軽量で、どんどん追加できるところだ。Appleによれば、数千のレイヤーでもさくさく動くらしい。

 画像のタワーが、だんだん現れてきた。

3次元らしく表示する

 これをもっとタワーらしく表示するにはどうすればいいか?そう、3次元的な表示が必要になるだろう。

 そこで、ウォールレイヤーを少しゆがませて、透視図法的に表示させてみる。さらに、これを2枚並べてみよう。

3次元的なウォールレイヤーの表示 3次元的なウォールレイヤーの表示

 どうだろう。ぐっとタワーらしくなってきたのではないだろうか?さらに、このウォールに画像のアニメーションを重ねて見る。

 面白いことに、このとき画像のアニメーション自体は、実は変更していないのだ。ウォールの見方を変えると、その上に重ねられているレイヤーも、同様に変化するのだ。このあたりが、レイヤーの概念の面目躍如といえる。

 これで、アルバムタワーのようなものができ上がった。あとは、数を増やしたり、表示する視点を変更すれば、1000 Songsのようなアニメーションが実現できるだろう。今回の実験で使ったソースコードも置いておくので、興味のある方はダウンロードして試してみてほしい

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]