編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフトウォッチャーたちがMSの2008年について予測

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2007-12-26 09:00

 筆者は数日前に、2008年のMicrosoftに関する10の予測に一枚加わったが、他にもMicrosoftウォッチャーが数人、同じようなものを出していた。興味深い予測のなかに以下のようなものがあった:

 Steven Bink氏:新年に登場する「Windows Server 2008」ベースのバンドルを忘れないように。Bink氏は、「Cougar(Windows Small Business Server 2008)」「Centro(Windows Essential Business Server 2008)」「Windows Storage Server 2008」そして「Windows Unified Date Storage Server 2008」を取り上げていた。

 WindowsConnected:「Windows Server 2008 SP1」と「Windows Vista SP2」のベータ版、とWindowsConnectedのJosh Phillips氏は予測している。(私ですか?筆者はもし来年これらのプライベートベータ版が出たとしても驚くだろう。とくにMicrosoftが「Vista SP1」と「XP SP3」を開発、テスト、公開しているペースから考えると。)

 CRN:「Microsoftは「Windows XP Professional」のシステムビルダーの期限である2009年2月を先延ばしするだろう」とKevin McLaughlin氏は述べている。「依然としてWindows XPに対する需要が強いという兆候がみられるため、Microsoftは9月にXPがインストールされた新しいダイレクトOEMによるPCの販売期限を2008年1月31日から2008年6月30日に延期した。多くのシステムビルダーは現在の2009年1月31日の期限が少なくとも半年間延期されると、同社が間もなく決定することが予想(そして期待)されている。」

 どこか他にも占い師はいませんか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]