Vista SP1の入手は3月中旬までおあずけ

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年02月05日 16時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのVista Service Pack(SP)1のリリースを待ち望んでいる顧客は、実際にそれを手に入れるまでにはもう1ヶ月から2ヶ月待つ必要があるー少なくとも合法的なルートでは。

 Windows Vistaチームのブログの記事の中で、Windowsプロダクトマネージメント担当コーポレートバイスプレジデントであるMike Nash氏が、Windows Vista Service Pack(SP)1をいつどのように入手できるかについて説明している。Microsoftは米国時間2月4日Vista SP1とWindows Server 2008を製造ラインに引き渡した

 Nash氏によれば、日程は次のようになる。

 3月はじめ:SP1がTechNetとMicrosoft Developer Network(MSDN)の登録者に提供される。

 3月中旬:MicrosoftがSP1を5つの言語(英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、日本語)で、Windows Updateとmicrosoft.comのダウンロードセンターにリリースする。「もしWindows Updateが、そのシステムが問題があるとわかっているドライバを持っていると判断した場合、Windows UpdateはSP1を提供しない」とNash氏は説明している。「一部の顧客はどちらにせよSP1に更新したいと考えるかも知れないため、ダウンロードセンターではSP1をインストールしたい人が誰でも行えるようにする。」(Nash氏)

 4月中旬:Microsoftは自動アップデートでのVista SP1の提供を開始する。「ただし、Windows Updateが正しく更新できないとわかっているドライバがあると判断した場合には、自動的にSP1がインストールされることはない。」とNash氏は説明している。「これらのドライバの更新版が提供可能になったら、それらは自動的にWindows Updateでインストールされ、これによってそれらのシステムに対するService Pack 1のブロックが解かれることになる。」(そして、SP1を自動的にインストールしたくないというユーザーのためには、SPをブロックするツールがあることを念頭に置いておいて欲しい。)

 4月:他の言語のSP1のRTM版がリリースされる。

 PCメーカーはVista SP1を2月4日の週の間に入手し始め、テストが十分に行われれば、新しいシステムにVista SP1をプレインストールし始めることができる。過去の例からすれば、これには数週間から1ヶ月はかかる。追加情報:MicrosoftはOEMのVista SP1のプレインストールは4月以前には出ないと話している。

 今日の最大の疑問は、MicrosoftはなぜVista SP1を顧客の手に渡すのにこんなに時間をかけるのかということだ。Nash氏の答えはこうだ。

 「われわれのベータテストで、少数のデバイスドライバに問題があることがわかった。これらのドライバは、われわれのドライバインストールのガイドラインに従っておらず、結果として、Windows Vistaを使っておりService Pack 1にアップデートした一部のベータテスト参加者から、それらのデバイスに関する問題の報告があった。問題はドライバのインストール方法にあり、ドライバ自体にはないことから、この問題の解決するにはドライバを再インストールすればよい。しかしこの方法は技術に詳しいわれわれのベータテスターにはうまくいったが、われわれがこの更新を広く提供する際には、顧客によりよい経験を提供したい。

 Windows VistaからSP1に更新する顧客の多くには影響がないことはわかっているが、われわれのアプローチはわれわれのすべての顧客の体験を向上させるものだ。このため、われわれは3月中旬からWindows UpdateでSP1を提供することにし、われわれの一部のハードウェアパートナーが影響のあるドライバのインストール手順に修正を行う時間を取ることにした。SP1はWindows Updateから配布されるため、われわれは影響のあるデバイスドライバを持たないと確認できたPCにのみSP1を提供する。われわれは次の1ヶ月ほどは、そのようなデバイスをできるだけ多く特定する作業を続ける。」

 私は、Vistaチームがこれらのドライバの問題があるにもかかわらず前に進み、SP1のRTM版をリリースしたことに驚いた(それらのドライバの問題が技術的にはMicrosoftの責任ではないとは言え)。MicrosoftがVista SP1をWindows Server 2008と足並みを揃えさせることを望んでおり、その必要があったことは明らかだ。Microsoftが2006年11月に最初にVistaのRTM版をリリースした際にあれだけドライバが正しく動かないトラブルがあったことを考えれば、これは計算済みのリスクだ。

 読者はどう思うだろうか。MicrosoftはVista SP1のRTM版リリースを3月まで待ち、直接ユーザーに提供してもよかったのではないだろうか。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化