Oracleなら統合されたアーキテクチャの上に完璧なEPMソリューションを展開できる--Oracle BI&PM担当SVP

谷川耕一 2008年03月04日 22時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本版SOX法が話題になり始めた2006年ごろを起点に、内部統制確保の必要性から業務プロセスの「見える化」に注目が集まっている。BI(Business Intelligence)は、それよりも以前からあるITソリューションの1つだが、この「見える化」が後押しする形で再び注目されるようになった。

 ところが、現状では内部統制を確保した上で業績成長や競争力向上を考えるようになり、見える化のさらに一歩先を見据えたソリューションが求められている。そこで登場したのがEPM(Enterprise Perfomance Management)、あるいはCPM(Corporate Perfomance Management)と呼ばれるソリューションだ。これらは、BIの次の段階に位置づけられるものである。

 John Kopcke氏は、OracleのBI&Perfomance Management、Global Business Unitを担当するシニアバイスプレジデントだ。BIおよびEPMの分野において30年以上の経験を持ち、2007年6月にOracleに統合されたHyperionにおいては、CTOとしてEPMのソリューションを市場でリードしてきた人物である。

 Kopcke氏に、企業がEPMを導入し活用するためにはどうすればいいのか、また同様なソリューションを展開するSAP+Business Objects、IBM+Cognosに対するOracle+Hyperionの優位性はどこにあるのかについて、話を聞いた。

--BIからEPMにステップアップするためには、企業はまずは何をすればいいのでしょうか。

 まず最初に、自社の組織の経営プロセスについて改めて考えてみることです。BIから離れ、マネジメントのプロセスにおいて何が必要かを考えるべきです。

 すでにさまざまなツールなどが導入されていて、企業においては、多くのBIソリューションが個別には実現しているはずです。しかし、それらが経営という観点とどう合致するかがよく分かっていない。BIによって、特定の問題は解決するのですが、たくさんのBIがバラバラに導入されていて、それぞれが独立し、連携できず、サイロ化している。これは、相当に混乱した状況です。

 企業は、ERPを導入することで業務プロセスを標準化し、整理してきました、EPMにおいても、サイロ化しているBIのレポートやデータベースについて、同様に簡素化する必要があります。

--EPMの製品を購入し、導入するだけでは、企業が成長の変化を成し遂げることはできないはずです。企業が業績を向上させるように変わるためには、どうすればいいのでしょうか。

 テクノロジーを購入するだけでは、もちろん企業は変われません。組織の中でプロセスや人材を最適化しなければなりません。もしも、プロセスが悪かったり、プロセスの定義そのものが悪かったりした場合には、EPMを導入しても変化は起きません。

 Oracleや我々のパートナーがやるべきなのは、より良い技術を提供することはもちろん、世界中での経験をもとに顧客に対しEPMのベストプラクティスを提供することです。これについては、OracleとHyperionが統合されたことで、多くの経験、ノウハウを得ることができました。従来よりも良いものを顧客に提供できると考えています。

--SAPとBusiness Objects、あるいはIBMとCognosもこの分野に参入しています。彼らに対し、OracleとHyperionのソリューションには、どのような優位性があるのでしょうか。

 OracleとHyperionは、長い期間にわたり一緒にビジネスを進めてきました。まずはこれが1つの優位性だと考えています。

 そしてもう1つが我々が提供する統合化のアーキテクチャです。両社がこの分野で豊富な経験を持っている上に、このSOAに基づいた統合化のアーキテクチャで、EPMに関連するさまざまなものを容易かつ綿密に連携できます。

 SAPとBusiness Objectsは、統合すべきピースが多すぎて複雑です。彼らはEPMに必要なコンポーネントを両社で寄せ集めている状況なのです。これは、フロント部分はホンダ、リヤはGM、真ん中はトヨタ……と部品を寄せ集め、これで「自動車ができあがりました」と言っているようなものです。

--Business Objectsは、今後もオープン性を維持するためにSAPからは独立した組織、製品開発の体制を続けるとのこと。会社としても製品としてもOracleに完全に統合化されたHyperionの体制よりも、この体制のほうがオープン性が高いとは言えませんか。

 どのような組織編成をするかで、製品がオープンになるかクローズになるかが決まるわけではありません。必要なのは、アーキテクチャがどうなっているかであり、スタンダードにどれだけ準拠しているかです。

 Oracleでは、製品のすべてのコンポーネントをホットプラガブルにすることを義務化しています。これにより、簡単な統合が可能になっています。また、SAPとHyperionの組み合わせでEPMという事例も数多くあります。

 私の担当するGlobal Business Unitでは、EPMをグローバル市場で展開するのが仕事です。個々の製品というよりは、グローバルなEPM市場で成功することがミッションです。Oracleの技術を使うことはもちろんですが、MicrosoftのものでもIBMのものでも、どの技術を使ってもいいのです。実際、Oracleとの統合はやりやすいと、SAPをはじめとする他社も言っています。これこそがオープン性の証しであり、我々のソリューションの優位性でもあります。

 Oracleのコンセプトは「協力しつつ競争する」というものなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化