急速にポートフォリオを拡充する「データ管理のエキスパート」としてのオラクル--加速するBI(4)

柴田克己(編集部) 2007年11月20日 09時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ1、2年における、Oracleのビジネスインテリジェンス(BI)、エンタープライズパフォーマンスマネジメント(EPM)分野における動きの早さは、他の総合系ベンダーと比べても特筆に値すると言えるだろう。

 従来も、Oracle独自のBIへの取り組みとして「Discoverer」と呼ばれる製品を提供していたが、2006年に買収したSiebel Systemsの「Siebel Business Analytics」は、Fusion Middleware製品ファミリーのひとつである「Oracle Business Intelligence Suite Enterprise Edition」(Oracle BI Suite EE)としてすぐさま統合。2007年4月には、最新バージョンとなる「Oracle BI Suite EE 10g Release 3」の出荷を開始した。

 その直後の5月には、従来のSiebel製品の業務指標分析の資産とノウハウを生かした業種別テンプレート集「Oracle Business Intelligence Applications」の提供を開始。

 さらに、8月には大企業内のワークグループ、および中堅・中小企業向けの製品となる「Oracle Business Intelligence Standard Edition One」(Oracle BI SE One)を、立て続けにリリース。Siebelの持っていたBI分野に関する資産を、迅速にOracleのプラットフォームに統合し、一貫性を持ったソリューションとして、ユーザーに提供する環境を整えてきた。

 これと並行して、2007年3月には、EPMベンダーであったHyperion Solutionsを買収。予算管理、プランニングのためのコンポーネントを手に入れた。これによって、Oracleは全社規模でのEPMから、現場レベルでのBI活用まで、幅広いユーザーニーズに応えるためのポートフォリオを取りそろえることに成功した。

 こうした、BI、EPM分野における製品ポートフォリオの急速な拡充を進めた背景について、日本オラクル、システム製品統括本部営業推進本部Grid Computing推進部部長の岩本浩央氏は、ERPのような基幹系システムの需要に対する一巡感と、それによる新たなユーザーニーズの発生があると説明する。

 「ERPの整備などを含む、企業の情報システム投資は一巡した感がある。その先にあるのは、経営のスピードアップや、情報の“見える化”といった要求。ITの分野では、BIがそうした要求に対するサポートを行うことを期待されている。大企業になればなるほど、その中にはさまざまな業務パッケージが入ってきており、それらすべてを横断的に見るための仕組みが望まれているが、これまで積極的にパッケージの導入に取り組んできた企業こそ、そうしたことが難しい状況にある。しかし、複数のシステムに眠る顧客のデータから、ある特定の顧客の姿を正確に可視化できなければ、企業としては次のアクションが起こせない状況になってきている」(岩本氏)

 さらに、これまで、経営企画室や経営担当者のような一部のスタッフのみが使うツールという印象もあった「BI」に対し、より現場に近いスタッフ個人もデータを有効に活用できる環境を作っていこうという流れもある。岩本氏はこれを、「“見える化”に加えて“見せる化”」のニーズが生まれていると表現した。リアルタイム性への要求がますます高まっているビジネスの現場において、現場における瞬時の判断を、より正しくサポートするためのシステムが求められているというわけだ。

 「これまで、BIのシステムと業務システムの間には、それなりの“距離”が認識されていた。しかし、この2つはSOAをベースに結びつきを強めており、両システム間でのデータのやり取りをオートメーションで行えるような時代も見えてきている。BIと業務システムの一体化は、今後ますます進んでいくだろう。オラクルも、その流れを視野に入れている」(岩本氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]