編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

専業ベンダーにセキュリティは任せておけない--EMC副社長が豪語

ZDNet Japan編集部

2008-04-09 05:42

 世界最大規模のセキュリティイベント「RSA Conference 2008」が4月8日(米国時間)、米サンフランシスコのMoscone Centerで開幕した。開催初日の午前に行われた基調講演には、EMCのExecutive Vice Presidentで同社セキュリティ部門RSAのPresidentを務めるArthur Coviello氏が登壇した。

Arthur Coviello氏 Arthur Coviello氏

 EMCは2006年にRSA Securityを買収し、ストレージ関連製品にセキュリティ技術・製品を加え、新たな道を歩み始めている。この買収案件やIBMによるInternet Security Systemsの買収などから、セキュリティベンダーらの間では、独立系のセキュリティ専業ベンダーが年々減少しつつあることを危惧する声も聞かれた。

 Coviello氏はセキュリティベンダーの買収をざっと数え上げてみせる。

  • EMCのTablus買収
  • GoogleのPostini買収
  • OracleのLogica買収
  • HPのSPI Dynamics買収
  • IBMのWatchfire買収
  • SAPのMaxware買収
  • MicrosoftのKomuku買収

 何故、セキュリティ専業ベンダーが買収されるのであろうか。Coviello氏は大胆にも、ITセキュリティはセキュリティ専業ベンダーに任せておけないと語る。

 それと言うのも、かつてのセキュリティ対策は、全てのライン、全ての層を、100%保護するようなアプローチが取られてきた。「保護の壁」をそこかしこに構築しようとする試みといえる。しかし現在は、ビジネスプロセスのコアの部分においても、従業員・顧客・パートナーが、国境・組織を超えてコラボレーションすることが求められている。このような時代において、保護の壁を新たに打ち立てるやり方は、賢いアプローチと言えないだろう。

 Coviello氏は新たなアプローチを下記の5点にまとめてみせる。

  1. Risk Profile
  2. Collect and Analyze Data
  3. Solve the Knowledge Gap
  4. IT Infrastructure

 すなわち、まず初めに企業にどのようなリスクがあるのかを洗い出す(1)。次にそのリスクを収集・分析し(2)、従業員や顧客の間に存在するITリテラシーのギャップを埋めるための対策を取る(3)。そして最後に、その対策をITインフラに落とし込むというアプローチだ。

 Coviello氏の講演で何度も耳にした「Thinking Security」という言葉は、このアプローチを示すもの。また、このアプローチで重要なのは、対策を利用する「人」、対策を通じて運用される「プロセス」、対策を支える「技術」にあるとも指摘している。

Thinking Security Thinking Security

 先の大胆な台詞は、4の「IT Infrastructure」を念頭に置いた発言といえる。Coviello氏は、「セキュリティはITインフラから考えられるべき」だと強調しているのだ。

 「保護の壁」建設をやめ、新たなアプローチを取ること──Coviello氏はセキュリティと情報・ユーザーを直接繋ぐような仕組みを構築することが重要とし、「Information-Centric Security」という新たなコンセプトを紹介。2番目の基調講演のスピーカー、Symantec会長兼CEOのJohn Thompson氏と交代した。

 ZDNet Japanでは、RSA Conference 2008のレポートを順次掲載します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]