マイクロソフト、医療情報システムの初商用バージョン「Amalga」を発表

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-04-10 05:18

 以前に「Azyxxi」(これを10倍速く言えるか)として知られていた製品である「Amalga」が、商用製品としてついに登場した。

 米国時間4月9日、Microsoftは同社の医療情報システム製品を、これからは他の顧客も広範に利用できるようになると発表した。本製品はMedStar Health Systemにより10年以上使用され続けているが、Microsoftは数年前にAzyxxiをこのMedStarから購入していた。

 Microsoftの広報担当者は、本製品の顧客が「既存の医療情報システムを有する大規模な医療組織――様々な病院や医療施設」となることを改めて表明した。Amalgaは既存の医療記録ソフトウェアやシステムと統合し、バラバラな患者情報ソースを相互に統合させるのを助けることが意図されている

 今のところAmalgaと、Microsoftの患者情報ソフトウェアおよびサービスを組み合わせた「HealthVault」との間には直接の関連性はない。HealthVaultのベータ版は昨年10月に登場している。とはいえ、何かしら進行中であるようだ。前述のMicrosoft広報担当者によると:

 「AmalgaとHealthVaultの患者ポータルパイロットが進行中であり、これはAmalgaの情報を患者のHealthVaultの記録に取り込むことができるというものだ。Microsoftは医療が複雑な内部の病院システム(Amalga)と、複雑な外部の医療エコシステム(HealthVault)の両方におけるソリューションを必要とする複雑な問題であることと、この2つを統合する必要性を認識している。この分野における将来の展開に注目し続けてほしい」

 Microsoftの収益源を多岐化するという最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏の3年以上にわたる計画によれば、医療は同氏が優先的に投資しようとする分野のひとつである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]