F5、スループット最大36Gbpsのアプリケーションスイッチを販売開始

田中好伸(編集部)

2008-04-16 20:47

 F5ネットワークスジャパンは4月16日、負荷分散機能を中心にしたアプリケーションスイッチの最上位機種「VIPRION」(ヴィプリオン)の国内での販売を開始した。同社にとって初のブレード/シャーシ型モデルとなる。

 7Uのシャーシとブレードで構成されるVIPRIONは、将来のネットワークキャパシティが変化したり、ウェブサイトへのトラフィック増加が見込まれるような状況に対応するため、最大4枚までブレードを搭載できる。ブレード1枚でのスループットは10Gbpsで、4枚まで搭載した場合は36Gbpsとなっている。

 従来のアプリケーションスイッチでは、デバイスを追加するたびにDNSやルーティングなどを変更する必要があったが、VIPRIONの場合、ブレードを挿入すれば自動的に認識され、設定の変更などをしなくても自動的に処理が開始されるようなシステムとなっている。またブレードを1枚取り外しても、瞬時に処理が引き継がれることでシステムが止まることはないという。

 同社にとって最上位のアプリケーションスイッチとなるVIPRIONのターゲットは、通信事業者やデータセンター事業者、金融などオンラインでビジネスを展開しているウェブサイト、トラフィックの巨大なウェブサイトとしている。サービスの成長に伴ってトラフィックの増加が見込まれたり、顧客ニーズによるスループットの増加が予想されたり、サービスの継続性を重視したりといったケースへの対応を想定している。

 税別価格はシャーシのAC電源モデルが699万円、ブレードが1979万円となっている。また、圧縮やSSLのライセンスを上限させ、IPv6などのライセンスをパックしたものが1399万円となっている。

VIPRION ブレードを4枚まで搭載できるVIPRION

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]