編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

「コーポレート パフォーマンス マネジメント」 は 「企業業績管理」 なのか?(ZDNet Japanブログより)

米野宏明(マイクロソフト)

2008-05-20 15:01

 前回は 「目標」 のあいまいなとらえ方について考えてみましたが、今回は目標以上に実に怪しい単語である 「管理」 について考察してみます。

 IT 分野の輸入物キーワードには XX マネジメントなんていうのが多いですが、もともと IT 用語は全般に輸入物が多いため、ビジネスサイドの聴講者がいるようなセミナーのアンケートなどでは必ずと言っていいほど 「横文字ばっかりで分かりづらい」などとコメントをいただくものですから、IT ベンダーの Web サイトなど眺めてみますと、例えば私の専門分野の1つである 「コーポレートパフォーマンス マネジメント」 は 「企業業績管理」 のように表現されているケースが多いようですね。

 個人的には非常に気に入らない訳なので極力使わないようにしていますが、まあでも、なんとなくそれっぽい雰囲気は醸し出していますし、ブランディング戦略上使わざるを得ない場合もあります。ただ、バズワードとしてはやや陳腐化しかけている感じで、違いを出すために「次世代の戦略的企業業績管理ソリューション」 なんて言う人もいたりして、そのうちイマドキ風に 「戦略的エンタープライズ業績管理2.0」なんて言ってみたりする人も出てくるかもしれません。

全文はこちら--「大競争時代のBI活用術」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]