編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、カーナビ仕様のWindows「NavReady」を発表

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-06-17 06:58

 Microsoftは、Windowsの新たな方向性を模索している。

 Microsoftは米国時間6月16日、「Windows Embedded」を車載ナビゲーションシステム用に特化設計した、カスタマイズバージョンの「NavReady 2009」開発計画を明らかにした。NavReady 2009は、「Windows Mobile」にも採用されている、Windowsをスリム化したWindows CEをベースとしている。

 Mioを始めとする複数のGPSメーカーが、すでにWindows CEを採用しているものの、Microsoftは、NavReady 2009でナビゲーション特有の新機能サポートが追加されることを発表した。新機能には、Live Search、Bluetooth、MSN Directのサポートが含まれており、リアルタイムに交通渋滞やガソリン価格などの情報を入手できる。NavReady 2009の搭載製品は、2008年末のホリデーシーズンまでに発売される予定であると、Microsoftは明らかにしている。

 Microsoftが、汎用オペレーティングシステムのWindows Embeddedを、特定の市場ニーズに合わせてカスタマイズするのは、今回が初めてではない。つい最近では、POSレジ向けのバージョンも開発された。Windows Mobile自体も、汎用オペレーティングシステムを特定の市場向けにカスタマイズする試みの一環である。

 Microsoftは16日、「POSReady」と呼ばれる、POSレジ向けソフトウェアの次期バージョンが、2009年中にリリース予定であることも発表した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]