編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

IBM、アイログを3億4000万ドルで買収へ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2008-07-29 06:45

 IBMは米国時間7月28日、ビジネスルール管理システム(BRMS)メーカーのILOGを、3億4000万ドルで買収する計画を発表した。

 この買収により、IBMは、「WebSphere」ブランドにILOGを統合し、ミドルウェアソフトウェアの提供拡大が目指される。ミドルウェアとは、サーバがデータベースを稼動させたり、ウェブサイト上のソフトウェアが、アプリケーションを稼動させるサーバと連携したりするのをサポートするソフトウェアレイヤのことである。

 IBMのビジネスプロセス管理(BPM)、ビジネス最適化、サービス志向アーキテクチャ(SOA)を、ILOGのBRMS技術と統合することで、IBMは顧客に対して、組織内に散らばる、あらゆる関係した情報をリアルタイムに収集し、迅速な企業の意思決定能力の実現をサポートする。

 IBMのWebSphere部門ゼネラルマネージャーであるTom Rosamilia氏は「全業界の企業が、変遷する業況に対応するため、より柔軟にプロセスを管理できるテクノロジを求めている。ILOGのソフトウェアは、企業がより効果的に、意思決定プロセスの管理や自動化を実現可能にする」と、今回の買収発表で語っている。

 ILOGの買収により、IBMは、対抗するSAPが用い、少なくとも1990年代後半には、SAPが5%の株式を取得していたベンダーに手を伸ばすことになる。

 ILOGが2007年に発行したプロキシステートメントによれば、2007年のILOGの総売り上げの中で、SAPは取引先の最大手となる3%の売り上げを占めている。

 IBMの広報担当は、同社が、ILOGとSAPの関係を断ち切ったり、ILOGの顧客に対して、どのソフトウェアベンダーを用いるべきかを限定したりすることはないと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]