編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アイログ、EclipseによるRIA開発に対応した「ILOG JViews 8.1」を発売

CNET Japan Staff

2008-02-14 15:46

 アイログは2月14日、Java環境向け可視化製品の最新版である「ILOG JViews 8.1」日本語版を発売した。ILOG JViewsは、開発者、デザイナー、エンドユーザーを対象に、管理および監視アプリケーションの開発を容易にする、エンタープライズ向けグラフィック開発ツール。

 最新版の8.1では、管理、監視を目的とした、リッチインターネットアプリケーション(RIA)およびデスクトップアプリケーションの開発機能が強化された。また、アプリケーションのパフォーマンスを大幅に改善している。

 そのほか、新たに開発されたEclipse Graphical Editing Framework(GEF)対応のグラフレイアウト機能が加わった。開発者は高度なグラフ作成ニーズに応える開発実装の際、利用するソフトウェアコンポーネントを従来のJavaだけでなく、Eclipseにすることも可能だ。

 ILOG JViews 8.1には、Diagrammer、Charts、Gantt、Maps、Maps for Defense、TGO(Telecom Graphic Objects)の6製品が含まれる。価格は、Diagrammerが70万円より、Chartsが35万円より、Ganttが70万円より、Mapsが70万円より、Maps for Defenseが280万円より、TGOが140万円より。

ILOG JViews 8.1 ILOG JViews 8.1では、グラフレイアウト機能をEclipseに実装することが可能になった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]