編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MSの「Surface」テーブルトップ、米シェラトンホテルに初登場

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-08-15 04:56

 予想されたより9カ月以上遅れて、初めてのMicrosoft Surfaceのテーブルトップが一部のSheratonホテル内で提供され始めた。

 (2007年6月にSheraton New YorkでSurfaceのデモを見たときに、関係者らは最初のSurfaceユニットは特定のホテルに2007年末までに設置される見込みであると述べていた。)

 米国時間8月13日、Microsoftは30インチのSurfaceシステムの第1弾が、ボストン、シカゴ、ニューヨーク、サンフランシスコ、シアトルの5カ所のホテルで今や提供され始めたことを発表した。各ホテルともMicrosoftが開発したSurfaceアプリケーションスイートのSheraton用にカスタマイズされたバージョンを提供している。なかでも以下が含まれる:

  • CityTips:マッピングとローカルサーチツール
  • Sounds of Sheraton:ゲストがパーソナルプレイリストを作成し、ロビーベースでデジタルジュークボックスを提供する音楽ツール
  • Sheraton Snapshots:Sheratonリゾートと施設の既存の写真を提供する写真ブラウジングツール

 MicrosoftはSurfaceテーブルトップが、小売、医療、自動車、その他のバーティカルマーケットにおいて多くの機会を有すると述べていた。しかし何らかの強く望まれた第三者アプリケーションがタッチスクリーンのSurfaceシステム(そしてこれは忘れてはならないが、中身はVistaで作動している)から提供されるまでは、この市場がそれほど大きいものだとは思えない。

 Surface開発キットに対する不満の声も聞こえてくる。これはMicrosoftがまだ公には話していないことだ。そのようなSDKは、Surfaceプログラミングインターフェースを露出し、開発者にWindows Presentation Foundation(WPF)を新たな方法で利用させるものと思われるだろう。

 Surface開発キットに関心がある開発者の方はいませんか?テーブルトップのフォームファクターでどんなものがSurfaceの「キラー」アプリになりそうだと思いますか?

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
Microsoft
経営

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]