マイクロソフト、まもなく球面マルチタッチ技術を披露

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2008-07-25 12:19

 Microsoftは毎年レドモンドで開催されるResearch Faculty Summitにおいて、ついに半ば公に球面の 「Surface」コンピュータを披露する予定だ。この数カ月間噂されていたものである。

 Microsoftは「マルチタッチの球面ディスプレイ」を来週のカンファレンス参加者のためにDemoFestで披露するデモのひとつとしてリストアップしていた。Microsoftは初めてDemoFestの日程表を発表して以来、同ショーの展示リストから球面Surfaceへの言及を取り除いていたようにみえる。

floorplan

 しかしMicrosoftはDemoFestのフロアプランからマルチタッチSphereディスプレイを削除するのを忘れていたようだ。だからもし読者がこのカンファレンスに来週招待されているなら、110ブースをチェックしてほしい。MicrosoftがSphereで可能なアプリケーションとして何を推し進めるつもりなのか見てみたいし、聞いてみたいものだ。

 当地では今週Financial Analyst Meeting(FAM)において、MicrosoftはコーヒーテーブルサイズのSurfaceを披露する予定であるが、「Sphere」は予定していない。またここにいるMicrosoftの幹部からは、いつ同社が小型化し、価格を引き下げ、消費者を対象としたバージョンのSurfaceを開始する準備が整うかについては、新たな情報は聞かれていない。

 最高経営責任者(CEO)のSteve Ballmer氏やその他の発表者は、Microsoftがあらゆるフォームファクタ――モバイルからPCからテレビに至るまで――にマルチタッチの自然なユーザーインターフェースを取り入れる計画であることを確かに強調していた。Ballmer氏はFAMの参加者に、コンピューティングプラットフォームが、伝統的なコンピューティング機器というよりは紙きれのような超軽量PCから、タッチ機能に対応した壁に至るまで、さまざまな形をとるようになるにつれて、ユーザーは、検索、広告、その他にアクセスを有するオンライン世界への「ウィンドウ」になると伝えた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]