編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

SAS、流通小売業向けの価格設定最適化ソリューションを提供開始

CNET Japan Staff

2008-09-18 18:24

 SAS Institute Japanは9月18日、流通・小売業向けに、商品価格設定の最適化と収益の最大化を支援するソリューション「SAS Revenue Optimization Suite」の提供を開始すると発表した。

 同社執行役員ビジネス開発本部長兼プロフェッショナルサービス本部長の宮田靖氏は、「消費者ニーズの多様化」「製品ライフサイクルの短期化」「人件費の高騰」といったビジネス環境の変化や、オープン価格制の普及といった制度上の変化、インターネット上の価格比較サイトの利用率の向上といった要因から、小売業者は主体的に商品の価格を決定することでビジネスをドライブすることが難しくなっていると指摘。

 そうした状況にもかかわらず、多くの小売業者が「カンと経験」による価格設定に依存している点に触れ、「流通、小売業においては競争優位を保つためには“顧客行動”に関するより深い知見を持ち続けることが重要」とした。

 SAS Revenue Optimization Suiteは、ユーザーが持つPOSの実績データ(過去2〜3年分以上)に加えて、在庫データ、マスタデータなどを集計。マーケットやSKUの別に販売動向を分析するとともに、需要動向を予測し、最適な販売価格を提示するソリューションとなる。これにより「実績の“見える化”にとどまらず、“予見力”を備えたソリューションである」(宮田氏)とする。

 構成としては、需要予測を行う共通プラットフォーム上に、市場投入から在庫一掃までの商品ライフサイクルに合わせた価格設定を行うためのモジュールが個別に提供される。モジュールは、通常販売価格を最適化する「SAS Regular Price Optimization」、プロモーション価格の最適化を行う「SAS Promotion Optimization」、マークダウン価格の最適化を行う「SAS Markdown Optimization」の3つ。

 商品ライフサイクルの長期、短期を問わず、それらが混在した状態で価格最適化を実行できるほか、分析モデルに含まれない関連商品の中から売上向上が期待できる商品を提示する機能、売上や利益等の目標値を変えながらのシミュレーション実行機能、効果検証を行うためのレポーティング機能などが備えられている点が特長となる。

 SAS Revenue Optimization Suiteの価格構成は、導入ユーザーの売上規模によって異なる。参考価格は、最小構成の場合、1モジュールあたり約3000万円より。

SAS Revenue Optimization Suite 商品のライフサイクルや需要動向に合わせて価格設定の最適化を支援する「SAS Revenue Optimization Suite」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]