先進の省エネデータセンター技術を結集--NEC本社内に「REAL IT COOLプラザ」開設 - 2/6

CNET Japan Staff

2008-11-06 17:24

 NECは11月4日、省エネルギーデータセンターのデモ・検証スペースとして、NEC本社プラットフォームイノベーションセンター内に「REAL IT COOLプラザ」を開設した。同社では2007年11月に省電力プラットフォームの開発や提供を中心とした環境配慮の取り組み「REAL IT COOL PROJECT」を発表している。REAL IT COOLプラザは、このプロジェクトに基づいて製品化されたハード、ソフト、ファシリティサービスを組み合わせ、省エネルギーを追求したデータセンター環境のモデルを構築したもの。工期は約1カ月弱。
  本社1階の25平方メートルの執務フロアに、専用の床下設備や空調なしでデータセンター環境を実現している。スペース内には、同社の省電力サーバ「ECO CENTER」、ブレードシステム「SIGMABLADE」、ラックサーバ「Express5800/iモデル」、SANストレージ「iStorage Dシリーズ」を設置。統合管理ソフトウェア「WebSAM」を用いた電力使用量制御、余剰サーバの電源オフ、ホットスポット解消などの制御が可能になっている。

  本社1階の25平方メートルの執務フロアに、専用の床下設備や空調なしでデータセンター環境を実現している。スペース内には、同社の省電力サーバ「ECO CENTER」、ブレードシステム「SIGMABLADE」、ラックサーバ「Express5800/iモデル」、SANストレージ「iStorage Dシリーズ」を設置。統合管理ソフトウェア「WebSAM」を用いた電力使用量制御、余剰サーバの電源オフ、ホットスポット解消などの制御が可能になっている。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]