先進の省エネデータセンター技術を結集--NEC本社内に「REAL IT COOLプラザ」開設 - 6/6

CNET Japan Staff

2008-11-06 17:24

 NECは11月4日、省エネルギーデータセンターのデモ・検証スペースとして、NEC本社プラットフォームイノベーションセンター内に「REAL IT COOLプラザ」を開設した。同社では2007年11月に省電力プラットフォームの開発や提供を中心とした環境配慮の取り組み「REAL IT COOL PROJECT」を発表している。REAL IT COOLプラザは、このプロジェクトに基づいて製品化されたハード、ソフト、ファシリティサービスを組み合わせ、省エネルギーを追求したデータセンター環境のモデルを構築したもの。工期は約1カ月弱。
 冷却に関しては、本社ビルの空調用冷水を利用することでさらなる省電力化を図っているという。データセンターのエネルギー効率を示す指標にPUE(Power Usage Effectiveness)がある。PUEは、データセンター全体の消費電力をIT機器の消費電力で除した値で、理論上の最高値は1.0となる。一般的なデータセンターでは、この値は3.0以上になるケースが多いが、REAL IT COOLプラザでは、実質的な理想値に近い「1.6」を実現できているという。NECでは、REAL IT COOLプラザを、独立行政法人科学技術振興機構(JST)や東京大学と連携して検討している次世代データセンターの検証サイト、次世代プラットフォームサービス「RIACUBE」の検証基盤としても活用し、ここで得た省エネデータセンター構築のノウハウを、NECグループの全国のデータセンターに展開していく計画という。

 冷却に関しては、本社ビルの空調用冷水を利用することでさらなる省電力化を図っているという。データセンターのエネルギー効率を示す指標にPUE(Power Usage Effectiveness)がある。PUEは、データセンター全体の消費電力をIT機器の消費電力で除した値で、理論上の最高値は1.0となる。一般的なデータセンターでは、この値は3.0以上になるケースが多いが、REAL IT COOLプラザでは、実質的な理想値に近い「1.6」を実現できているという。NECでは、REAL IT COOLプラザを、独立行政法人科学技術振興機構(JST)や東京大学と連携して検討している次世代データセンターの検証サイト、次世代プラットフォームサービス「RIACUBE」の検証基盤としても活用し、ここで得た省エネデータセンター構築のノウハウを、NECグループの全国のデータセンターに展開していく計画という。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]