10年先を見据えたサンとMySQLの統合

杉山貴章(オングス) 2008年11月11日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは10月30日と31日の2日間に渡り「MySQLユーザコンファレンス2008」を開催した。これに合わせたプレス向けラウンドテーブルにおいて、同社のMySQL ビジネス統括本部 統括本部長である矢崎博雅氏は、あらためてSunがMySQLを買収した狙いについて語った。

なぜSunとMySQLなのか

矢崎博雅氏 矢崎博雅氏

 矢崎氏は基調講演において、「Sunは今後もオープンソースに対する注力を緩めず、MySQLはオープンソースのままであり続ける」と語っている。ラウンドテーブルの場でもそれを強調した上で、ではなぜSunがMySQLを買収することになったのかという点について説明した。

 まず大前提として挙げられたのが、今回の買収は10年先を考えてのものであるということだ。長い目で見ればシステムは変化し、データベースのあり方もこれまでと大きく変わってくる。そこでSunは、同社のオープンソースに対する取り組みの中にデータベースを取り込むことが、イノベーションのために大きな意味を持つと判断したという。

 「ご存知のように、SunではSolarisおよびJavaをベースとした開発系ユーザを多く抱えています。データベースを取り込むことで、それらのユーザに対してさらなる支援を行うことができると考えました。同時に、Web 2.0に代表されるウェブを利用した基幹系ビジネスを確実なものにしたいという狙いもあります。このような新しいビジネス戦略のために、MySQLを統合することに大きなメリットを感じたわけです」(矢崎氏)

 一方でMySQL側から見たメリットとは何だろうか。

 同氏は市場におけるMySQLの価値の急騰を挙げ、「将来の成長を考えた場合、従来のままでは体制面、資金面で非常に厳しいものがあった」と指摘する。また、世界的な展開に対して各国におけるサポート拠点をより充実させる必要にも迫られていた。Sunとの統合によってこれらの問題を解決できるだけでなく、豊富なハードウェア資源を手に入れることができるという点も大きな魅力だったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化