編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

モジラ、「Firefox 2」のサポートを終了へ

文:Matthew Broersma(ZDNet.co.uk)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル

2008-11-18 19:40

 Mozilla Foundationは、「Firefox 2」のサポートを2008年12月半ばに終了する計画だ。

 Firefox 2の「End of Life(EOL)」計画は、新しいバージョンのリリースから6カ月後に前のバージョンの製品のサポートを終了するMozillaの方針の一環だ。この方針は、Mozillaの開発者が2008年6月半ばにリリースされた現在のブラウザのバージョンであるFirefox 3に注力できるようにするためのものだ。

 ユーザーにとって、この方針は、既存バージョンのセキュリティおよび安定性に関するアップデートの終了と、新機能のリリースの終了を意味する。

 Mozillaはこの動きについて、ソフトウェアの旧バージョン専用のウェブページで、「Firefox 2.0.0.xに対しては、2008年12月半ばまで、セキュリティおよび安定性に関するアップデートが提供されるが、すべてのユーザーにFirefox 3へのアップグレードを強く勧める」と述べている。

 Firefox 2は今なお、新しいリリースで相当な数のバグフィックスを受け取っている。先週、MozillaはFirefox 2.0.0.18とFirefox 3.0.4をリリースして、複数のセキュリティ上の脆弱性に対応したが、そのうちの半分は「深刻」にランク付けられていた。Mozillaの現在の計画では、Firefox 2のアップデートのリリースはバージョン2.0.0.19で終了することになる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]