編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ヴイエムウェア、「VI4」の正式名称を「vSphere」に

文:James Urquhart(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2008-12-22 18:58

 ミネアポリスで米国時間12月19日に開催のVMWare User Group(VMUG)の会合で、VMwareの「Virtual Infrastructure」戦略の方向性に関心がある人には興味深い知らせがあったようだ。VMwareはVI4の正式名称を「vSphere」にするという。

 同会合に参加したJason Boche氏は、ブログで次のように報告している。

 「本日のミネアポリス地区VMUGの会合で、VMwareの従業員は150人以上の参加者を前に、「VI4」または「VI.next」の名称で呼ばれている次世代のVirtual Infrastructureの名称を明らかにした。新しい名称は、「VMware vSphere」だ。わたしはVMwareとの関係を評価し、尊重しており、このニュースを公開する前にVMware内部の信頼できる情報筋に確認をとった。このニュースを公開することについては、VMwareのマーケティング部門の支持を受けている。VMwareはまた、vSphereの新しい設定に関する情報も明らかにしたが、これはここでは触れないでおく。この知らせを公開するかどうかは、他の参加者の判断に任せる」

 このニュースがどうしてクラウドコンピューティングのファンに関係あるのだろうか?

 VMwareの「vCloud」構想は、今後の機能に大きく依存している。VMwareは今後、中核となる製品の運用スケールを拡大し、サーバを超えたデータセンターとしての運用を視野に入れている。うわさされている機能としては、VI4のWAN越しでの仮想マシンマイグレーションなどがあり、これらはVMwareベースの連携型のクラウドが現実のものになるのに不可欠なものだ。そこで読者の皆さんには、vSphereの最新情報を入手すべくGoogle Alertを設定し、動向に注目しておくことをお勧めする。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]