編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

必要な機能だけを導入--チェック・ポイント、「Software Blade」を発表

田中好伸(編集部) 吉澤亨史

2009-03-11 19:05

 セキュリティ専業ベンダーのチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは3月10日、新しいアーキテクチャ「Software Bladeアーキテクチャ」を採用したセキュリティゲートウェイ製品の基盤ソフトの最新版「Check Point R70」を発表した。こうしたアーキテクチャを採用したのは業界初という。

 Software Bladeアーキテクチャとは、ファイアウォールや仮想私設網(VPN)、侵入防御システム(IPS)、ウイルス対策、URLフィルタリングなどの独立した機能をモジュール化することで、必要な機能のみを選んで構築できるというもの。「Software Bladeコンテナ」がSoftware Bladeを束ねるプラットフォームとなる。「ハードウェアにおけるブレードの概念をソフトウェアに当てはめた」(同社セキュリティ技術本部本部長の西野謙一氏)ものだ。

 現行の基盤ソフトのR65の後継になるR70では、あらかじめ20種類以上のSoftware Bladeが用意されており、導入環境が必要とするセキュリティ機能だけを選び出し、独自のセキュリティ環境を容易に構築できるようになっている。また、機能をモジュール化したことで、導入開始後にセキュリティ機能の拡張を行う場合も、新たなハードウェアの増設・設置を行うことなく機能をシステムに追加できる。このため導入コストや運用コストを大幅に削減することが可能となる。

 今回のSoftware Bladeでは、IPS機能を強化している。クライアントからサーバ、OSの脆弱性、マルウェア・ワーム感染やその他の脅威に対する幅広い防御を実現しているという。スループットは、IPSが統合されたファイアウォール機能とあわせて最大10Gbpsとなっている。IPSの専門家でないセキュリティ管理者でも、簡単に利用できるモードが用意されており、また、拡張されたより綿密なIPS運用などさまざまなシナリオで柔軟に活用できることも特長となっているとしている。

 チェック・ポイントによれば、従来、IPSはネットとの出入り口においてスループットが低下することを懸念して、機能を有効にしないユーザー企業が多数存在するという。そうした事態を受けて、同社はIPSのエンジンを新しく開発。それにより、従来の同社IPSと比較して最大22倍ものスループット向上を実現しているという。

 新しく発表されたR70は、中堅・中小規模環境向け統合脅威管理(UTM)アプライアンス「UTM-1」シリーズや大規模向けファイアウォール/VPNアプライアンス「Power-1」シリーズといった同社主要製品に導入できる。2009年後半の製品出荷を予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]