編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

オラクルのサン買収--予測される「統合」という課題 - (page 3)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル

2009-04-23 07:45

 2つ目の傾向は、クラウドコンピューティングだ。クラウドコンピューティングでは、アプリケーションは企業の独自の領域ではなく、インターネット上の中央サーバで稼働する。クラウドコンピューティングは多くの形を取るが、Oracleの観点から見た好例はSalesforce.comだ。同社のかなり大規模なクラウドコンピューティングサービスは、どの顧客が何を購入し、その製品の保証がいつ更新の時期を迎えるかを追跡するといった、顧客関係管理(CRM)の日常的な業務で、OracleのSiebel事業と直接競合している。

 しかし、Sunのハードウェア資産を取り込むことで、Oracleは独力で、特にSunが先ごろ再ローンチしたクラウドコンピューティングインフラストラクチャ「Network.com」を利用して、さらに柔軟にクラウドコンピューティングに適合できる。

財政面の複雑化

 Sunの会長兼共同創立者であるScott McNealy氏、そしてCEOのJonathan Schwartz氏はなおさら、安心してため息をついているだろう。IBMとの買収交渉が決裂した後、Sunの株価は急落したが、Oracleの買収提案も審議されていたことで、なぜSunがIBMと度胸試しをし、その後IBMが去ってから取締役会がSchwartz氏を支持するとの声明を発表できたのか、その理由が明白になった。4月20日、Sunの株価は午前中の取引で36%増の9.07ドルに急騰した。

 Oracleは、その価格を正当化しようと躍起になっているようだ。これによって、Oracleの1株当たり利益が大幅に増え、これまでの大規模な買収以上に同社に貢献すると主張している。

 Oracleの社長Safra Catz氏は声明で次のように述べている。「この買収により、最初の通期会計年度に非GAAPベースで利益が少なくとも1株当たり15セント増えるものと期待している。われわれの推計によると、買収した事業は最初の1年で15億ドル超、2年目で20億ドル超の、非GAAP(一般に認められた会計原則)ベースの営業利益をOracleにもたらすことになる。これによりSunの買収では、BEA、PeopleSoft、Siebelの買収で計画していたものをすべて合わせたよりも、初年度の1株当たりの利益が大きくなるだろう」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]