編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBM、クラウドおよび仮想ネットワークのセキュリティ強化に照準--アプライアンスを発表

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-04-22 10:36

 サンフランシスコ発--IBMは米国時間4月21日、クラウドセキュリティサービスを発表し、ホステッドコンピューティング向けのセキュリティアーキテクチャを開発する全社的なプロジェクトに着手していると述べた。

 同社はRSA Conference 2009でこの発表のほか、仮想ネットワークセグメントを保護するアプライアンスも披露した。「Proventia Virtualized Network Security Platform」というこのアプライアンスには、侵入防止やウェブアプリケーション保護、ネットワークポリシー施行などが含まれている。

 以下はIBMによる発表。

  • 「Proventia Web application firewall」:IBM ISS Proventia製品群に組み込まれ、仮想アプリケーションパッチングメカニズムとして機能。
  • 「Malware scanning for IBM Rational AppScan」:ユーザーがウェブサイトに埋め込まれたマルウェアを自動的にスキャンすることを可能にする。
  • 「IBM Tivoli Identity and Access Assurance」:企業向けの集中型の識別、アクセス、監査サービスを提供。
  • 「IBM Tivoli Data and Application Security」:テープおよびディスクに保存されたデータを暗号化することでプライバシーおよびコンプライアンスリスクを軽減。
  • 「IBM Tivoli Security Management for z/OS」:メインフレーム向けの集中型管理機能を提供。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]