編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

結婚相手をゲットするには?--ライバルを出し抜くための戦略的な考え方

梅田正隆(ロビンソン)

2009-06-12 22:30

 前回(イタいのは「自分」を分かってない自分--客観的に自分を知る方法)は、戦略立案を考えるに当たって避けて通れない「自分の現状」をどのように知るかについて、ポジショニング分析によく用いられる「フレームワーク」を使って考えてみた。今回は、少し肩の力を抜き、何かと話題の「婚活」を戦略的な視点で見てみよう。

いま「婚活」はホットなの?--データからアタリをつける考え方

 ところで、マスコミで騒がれているように、婚活は本当にブームなのだろうか。状況を把握するために、さっそく一般に公開されているデータからアタリをつけてみよう。

 国立社会保障・人口問題研究所が2005年6月に実施した全国調査(対象は18歳〜34歳の未婚の男女)の結果を、以下に抜粋する。

  • 未婚者の9割は結婚する意思を持っている
  • ある程度の年齢までに結婚したい人が半数
  • 独身である理由は「適当な相手にまだめぐり会わない」が半数
  • 「交際している異性はいない」人、男性52.2%、女性44.7%

 ここでは婚活において、「真剣さ」が高いと思われる30歳代を中心に見てみよう。2005年の「国勢調査 人口統計資料」によれば、30歳代男女の未婚率は下表のとおりである。

30歳代男女の未婚率(2005年の国勢調査人口統計資料より)
  30〜34歳 35〜39歳
男性
47.1%
30.0%
女性
32.0%
18.4%

 30歳代の未婚者数はどの位になるのだろうか。以下のデータは、統計局による2007年10月1日現在の年齢別推計人口から、該当する年齢人口を算出したものだ。

30歳代男女の推計人口(統計局による2007年10月1日現在の推計)
  30〜34歳 35〜39歳
男性
474万7000人
476万3000人
女性
461万5000人
466万3000人

 

 国勢調査の人口統計資料と総務省統計局のデータから、未婚者数はおおよそ次のように算出できる。ちょっと調査年がずれているのが気にはなるが、未婚率自体は大きく変化していないという前提でざっくりとやってみよう。

各データを合わせて算出した30歳代男女の未婚者数
  30〜34歳の未婚者

35〜39歳の未婚者

30歳代の未婚者数合計
男性
223万6000人
142万9000人
366万5000人
女性
147万7000人
85万8000人
233万5000人

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
経営

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]