編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

IDSシェアー、BPM製品群「ARIS」の最新版を発売--SAPとの連携を強化

ZDNet Japan Staff

2009-06-19 18:31

 IDSシェアー・ジャパンは6月19日、同社のBPM製品群「ARIS」の最新版「ARIS 7.1日本語版」(以下、ARIS 7.1)を発売した。7月以降に出荷が開始される。

 ARIS 7.1での特徴は、「ARIS Business Architect for SAP」によって、SAPとの連携が強化された点だ。これは、従来「ARIS for SAP NetWeaver」と呼ばれていたもので、ARISで設計したビジネスプロセスに対し、SAPソリューションを実装、最適化することができるモジュールとなる。新バージョンでは、ARIS for SAPで定義したテストシナリオをSAP Solution Managerへ転送できるようになったほか、ARISリポジトリとSAP Enterprise Services Repository(ESR)との連携も可能になった。これにより、ESR上のサービスをARISのモデル上にドラッグ&ドロップして利用することができる。

 ARIS 7.1で新たなモデルタイプとして追加された「プロジェクトスケジュールモデル」では、プロセスの単位となる各オブジェクトを、ガントチャートとしてタイムライン上に配置できるようになった。KPIを基にしたモデリングやレポーティングも可能だ。また、新搭載の「レポートデザイナー」では、実際の出力に近いイメージでカスタマイズレポートのデザインを行える。バージョン管理機能も追加されており、プロセスの修正により生じた差分を分かりやすく表示し、修正内容の詳細を確認することも可能となった。

 その他の新バージョンでの機能強化ポイントとしては、モデリング/グラフィック機能の向上、フリー属性のカスタマイズ性の向上、文書管理システムの統合、LDAP認証機能の拡張といった点がある。

ARIS 7.1 「ARIS Business Architect for SAP」では、テストシナリオを直接SAP Solution Managerに転送できるようになるなど、SAPとの連携が強化された。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]