編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日本オラクル、ERPパッケージの最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を発表

ZDNet Japan Staff

2009-07-15 16:15

 日本オラクルは7月15日、同社ERPパッケージの最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を同日より提供開始すると発表した。

 「Oracle E-Business Suite R12.1」は、財務会計、人事管理(HRM)、サプライチェーンマネジメント(SCM)、購買調達、プロジェクト管理、マスターデータ管理のソリューションを包括的に提供するERPパッケージ。各アプリケーションにおいて機能強化が行われており、製品群の一部には既存の基盤システムをアップグレードすることなく、単体で導入できるものも含まれている。

 例えば、人事管理分野においては、タレントマネジメントに関わる機能が強化された。人材データを可視化する「タレント・プロファイル機能」が追加され、人材の採用、配置、育成、評価、処遇などの情報を連携して管理できるようになった。

 また、SCM分野では、新機能として「Oracle Demand Signal Repository」「Oracle Manufacturing Operation Center」「Oracle Landed Cost Management」が新たに追加された。「Oracle Demand Signal Repository」は、各販売拠点の需要情報と各種マーケット情報を収集して、グローバルな需要情報を一元管理する。「Oracle Manufacturing Operation Center」は、設備稼働率や生産実績など製造現場の情報をERPの生産計画データと連携して分析するものだ。「Oracle Landed Cost Management」は、製品の輸送や管理費用、保険料や税金などのロジスティクスコストを詳細に把握、分析して、製造原価だけでなく物流原価を考慮した最適なサプライチェーンコスト管理を実現するという。また戦略的調達を支援するアプリケーション「Oracle Sourcing」も強化されている。

 そのほか、マスターデータ管理分野では、資産管理を統合できる「Oracle Site Hub」、商品データ統合管理のための「Oracle Product Information Management for Retail」といった機能を新たに追加。技術基盤についても、SOAによる他システムとの連携を容易にする標準機能として「SOA Gateway」が提供される。

 既存システムを最新版にアップグレードしなくても、追加機能として単体で導入可能なアプリケーションの代表的なものとしては、保守部品計画を支援する「Oracle Service Parts Planning」、サプライチェーン情報の統合と可視化を支援する「Oracle Advanced Planning Command Center」、報酬管理を行う「Oracle Incentive Compensation」、倉庫管理を行う「Oracle Warehouse Management」などが挙げられている。

 「Oracle E-Business Suite R12.1」の価格は、会計機能の最小構成(5ユーザー)が、262万1850円より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]