編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日本オラクル、ERPパッケージの最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を発表

ZDNet Japan Staff

2009-07-15 16:15

 日本オラクルは7月15日、同社ERPパッケージの最新版「Oracle E-Business Suite R12.1」を同日より提供開始すると発表した。

 「Oracle E-Business Suite R12.1」は、財務会計、人事管理(HRM)、サプライチェーンマネジメント(SCM)、購買調達、プロジェクト管理、マスターデータ管理のソリューションを包括的に提供するERPパッケージ。各アプリケーションにおいて機能強化が行われており、製品群の一部には既存の基盤システムをアップグレードすることなく、単体で導入できるものも含まれている。

 例えば、人事管理分野においては、タレントマネジメントに関わる機能が強化された。人材データを可視化する「タレント・プロファイル機能」が追加され、人材の採用、配置、育成、評価、処遇などの情報を連携して管理できるようになった。

 また、SCM分野では、新機能として「Oracle Demand Signal Repository」「Oracle Manufacturing Operation Center」「Oracle Landed Cost Management」が新たに追加された。「Oracle Demand Signal Repository」は、各販売拠点の需要情報と各種マーケット情報を収集して、グローバルな需要情報を一元管理する。「Oracle Manufacturing Operation Center」は、設備稼働率や生産実績など製造現場の情報をERPの生産計画データと連携して分析するものだ。「Oracle Landed Cost Management」は、製品の輸送や管理費用、保険料や税金などのロジスティクスコストを詳細に把握、分析して、製造原価だけでなく物流原価を考慮した最適なサプライチェーンコスト管理を実現するという。また戦略的調達を支援するアプリケーション「Oracle Sourcing」も強化されている。

 そのほか、マスターデータ管理分野では、資産管理を統合できる「Oracle Site Hub」、商品データ統合管理のための「Oracle Product Information Management for Retail」といった機能を新たに追加。技術基盤についても、SOAによる他システムとの連携を容易にする標準機能として「SOA Gateway」が提供される。

 既存システムを最新版にアップグレードしなくても、追加機能として単体で導入可能なアプリケーションの代表的なものとしては、保守部品計画を支援する「Oracle Service Parts Planning」、サプライチェーン情報の統合と可視化を支援する「Oracle Advanced Planning Command Center」、報酬管理を行う「Oracle Incentive Compensation」、倉庫管理を行う「Oracle Warehouse Management」などが挙げられている。

 「Oracle E-Business Suite R12.1」の価格は、会計機能の最小構成(5ユーザー)が、262万1850円より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]