編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

オラクルと富士通、インフラ構築で共同検証--検証OSにサンの「Solaris」

ZDNet Japan Staff

2009-07-09 12:12

 日本オラクルと富士通は7月9日、富士通のUNIXサーバ「SPARC Enterprise」と「Oracle Database 11g」を用いて、UNIXサーバ「PRIMEPOWER」と「Oracle9i Database」からのアップグレード(移行)を共同で検証した結果を発表した。

 この検証は、アップグレードすることのメリットの明確化と、アップグレード時に発生する課題に対して「Oracle Real Application Testing」(RAT)を活用した解決策の提供を目的に実施したという。

 検証の結果、パフォーマンスの比較では、SPARC Enterprise M3000とOracle Database 11gのシステムは、PRIMEPOWER 250とOracle9i Databaseのシステムに比べて、オンライントランザクション処理性能で約3.5倍、バッチ処理性能において約2.0倍に向上するという検証結果が得られた。

 一方、旧システムからのアップグレードでは互換性の問題やSQLに対する実行性能の劣化など、さまざまなリスクが想定されたが、Oracle RATの使用によりSQL実行テスト、パフォーマンステストを効率的に実施することができたとし、アップグレードに伴うリスクを低減できることが確認されたという。

 今回の共同検証は、日本オラクルが2006年11月に開設したOracle GRID Centerで行った。共同検証のシステム環境は、移行元データベースサーバとしてPRIMEPOWER 250を用い、OSをSolaris 9 OS、データベースをOracle9i Databaseとして構築。

 移行先データベースサーバはSPARC Enterprise M3000、OSをSolaris 10 OS、データベースをOracle Database 11gで構築した。

 ストレージには富士通のストレージシステム「ETERNUS2000 モデル200」を使用。クライアントにはSPARC Enterprise T2000、OSをSolaris 10 OS、データベースをOracle Database 11gで構築した。

 また、本検証結果とアップグレードソリューションの詳細は、8月19日と26日に開催する共同セミナーで説明される予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]