編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

オラクルと富士通、インフラ構築で共同検証--検証OSにサンの「Solaris」

ZDNet Japan Staff

2009-07-09 12:12

 日本オラクルと富士通は7月9日、富士通のUNIXサーバ「SPARC Enterprise」と「Oracle Database 11g」を用いて、UNIXサーバ「PRIMEPOWER」と「Oracle9i Database」からのアップグレード(移行)を共同で検証した結果を発表した。

 この検証は、アップグレードすることのメリットの明確化と、アップグレード時に発生する課題に対して「Oracle Real Application Testing」(RAT)を活用した解決策の提供を目的に実施したという。

 検証の結果、パフォーマンスの比較では、SPARC Enterprise M3000とOracle Database 11gのシステムは、PRIMEPOWER 250とOracle9i Databaseのシステムに比べて、オンライントランザクション処理性能で約3.5倍、バッチ処理性能において約2.0倍に向上するという検証結果が得られた。

 一方、旧システムからのアップグレードでは互換性の問題やSQLに対する実行性能の劣化など、さまざまなリスクが想定されたが、Oracle RATの使用によりSQL実行テスト、パフォーマンステストを効率的に実施することができたとし、アップグレードに伴うリスクを低減できることが確認されたという。

 今回の共同検証は、日本オラクルが2006年11月に開設したOracle GRID Centerで行った。共同検証のシステム環境は、移行元データベースサーバとしてPRIMEPOWER 250を用い、OSをSolaris 9 OS、データベースをOracle9i Databaseとして構築。

 移行先データベースサーバはSPARC Enterprise M3000、OSをSolaris 10 OS、データベースをOracle Database 11gで構築した。

 ストレージには富士通のストレージシステム「ETERNUS2000 モデル200」を使用。クライアントにはSPARC Enterprise T2000、OSをSolaris 10 OS、データベースをOracle Database 11gで構築した。

 また、本検証結果とアップグレードソリューションの詳細は、8月19日と26日に開催する共同セミナーで説明される予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]