編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

オラクルとアクセンチュアが協業強化--オラクル内に業務アプリの新施設設置

ZDNet Japan Staff

2009-07-08 15:31

 アクセンチュアと日本オラクルは7月8日、「アクセンチュア オラクル・イノベーション・センター」の開設を発表した。日本オラクル本社内にソリューション提供拠点として設置。両社は業務アプリケーションにおける包括的な協業を開始する。

 アクセンチュア オラクル・イノベーション・センターは、アクセンチュアがオラクルソリューションの戦略立案からシステム導入、運用までを支援する拠点として設立した。日本オラクルのITソリューションと、アクセンチュアの上流コンサルティング能力、プロジェクト運営スキル、情報資産、オラクルのアプリケーション実装とテクノロジーソリューション開発に関わった経験を融合し、一貫したサービスを提供していきたい考え。

  日本オラクルは、製品と技術情報の提供や本社開発部門との連携、情報交換、製品機能や技術に関する要求申請を支援し、アクセンチュアによる迅速なソリューション開発に協力する。

 設立当初は、日本オラクルの統合計画ソリューション「Enterprise Sales & Operation Planning(E-S&OP)ソリューション」と、国際会計基準(IFRS)対応ソリューションの2つを主要領域として活動する。同センターでは、2009年中にE-S&OP業務モデルソリューションパックと、IFRS対応オラクルソリューションパックの構築を行う予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]