「スポーツと仕事」の二足のわらじも大歓迎--「あったらいいな」を実現する企業:ビタミンiファクトリー

遠竹智寿子 2009年08月04日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 夏真っ盛り! 仕事のオフに海や川などで水辺のレジャーを楽しまれている方、また、これからお休みの計画を立てようという方も多いと思います。そんな水辺の安全確保と、環境保護を目的とした「ライフセービング」という活動をご存じでしょうか? 「ライフセービング」は、水難事故防止や救命処置を目的とする社会貢献活動として広がりをみせる一方で、その救命技術を競う競技会が国内外で開催されるなど、ニュースポーツとしても注目されています。

夢の実現に向けて仕事も糧になる度 ★★★☆☆
ワークライフバランス応援本気度 ★★★★★
自己管理能力が必要とされる度 ★★★★★
人を育てて会社も育っていく度 ★★★★☆
社員のやる気を信じる度 ★★★★★
ビタミンアイファクトリーの「あったらいいな」度

 第11回の「あったらいいな」では、ビタミンiファクトリーの営業企画担当として勤務しながら、「全日本ライフセービング・プール競技選手権」で5連覇を達成した林昌広さんにお話をお聞きしました。一般的なスポンサーの付いた「プロ契約」という形態ではなく、社員として働きながらスポーツ選手として活動を続ける林さんの生活は一体どのようなものなのでしょうか? ビタミンiファクトリーでの勤務形態や、現在に至るまでの経緯がとても気になるところです。

ボディジェルからスポーツ玩具まで

 ビタミンiファクトリーは、美容や健康、スポーツ用品の企画、開発、および輸入を行い、商品をオンラインにて販売している企業です。同社企画の第1弾として、天然宝石から抽出したエッセンス配合のボディジェル「ジュエリーエッセンス」を開発し、2006年にオンライン販売を開始しました。ボディジェルというと女性向きのように聞こえますが、実はパソコン疲れによる眼精疲労や肩こり解消の効果があるとのことで、ビジネスパーソンにも人気の商品だそうです。

 そして同社が次に手掛けたのは、次世代型スケートボード「ブレイブボードRipStik (リップスティック)」の輸入販売。同社はRipStikの日本総代理店として公式認定されています。

 ブレイブボードとは、地面をけらなくても滑れるというボードで、米国ではクリスマスに一番欲しい玩具して話題になり、2008年「米国トイ・オブ・ザ・イヤー(アウトドア部門)」を受賞しています。林さんは、この商品の日本展開を図るべく2008年11月に同社に迎え入れられ、現在営業企画部の担当として勤務しています。

出社前には早朝トレーニング

林さんブレイブボードRipStikを手にする林昌広さん

 日本で「ライフセーバー」と聞くと、海水浴場などでの救助員や監視員と同一視されることが多いようですが、「ライフセービングとは、水辺の事故をなくすため、監視や指導、救助、安全面の知識の普及、環境保護、人材育成など、あらゆる活動内容を含んでいます」と林さんは語ります。ライフセーバー技術向上のために競技会も存在し、その訓練や技術をスポーツにまで昇華させたものが「ライフセービング」、その選手が「ライフセーバー」と呼ばれているのです。

 拓殖大学時代にライフセービングと出会った林さんは、1999年の全日本学生選手権にて優勝、卒業後の2000年に日本代表チームに選出された後、これまで継続して国際大会への出場を果たしてきたという実力と経歴の持ち主です。

 2008年の世界大会では、日本代表チームのキャプテンを務めた経験を持つ林さんですが、同年11月にはビタミンiファクトリーに入社し、現在は同社の営業職に就きながらライフセービングの活動を行うという「ワークライフバランス」を実践しています。

 気になる林さんの普段の勤務形態はどのようになっているのでしょうか。「スポーツと仕事」のワークライフバランスを実践している林さんの1週間のスケジュールは、次のようになっています。

月 曜 練習オフ 通常勤務
火 曜 7:00-9:00 プール練習、その後通常勤務
水 曜 7:00-9:00 プール練習、その後通常勤務
木 曜 7:00-12:00 プール練習、午後勤務
金 曜 7:00-9:00 プール練習、その後通常勤務
土 曜 終日 海でライフセービング活動
日 曜 終日 海でライフセービング活動
活動が増える夏シーズンは平日に特別休暇を申請。休暇の日数制限は設けず、会社側の理解を得て活動する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算