編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ヤフーとの提携コスト:マイクロソフトの非公開スライドがリーク

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-08-01 21:55

 見せたくない「PowerPoint」スライドが間違って人の目に触れてしまったら、あなたならどんな気持ちだろうか。同じような経験をしたのが、Microsoftの最高経営責任者(CEO)、Steve Ballmer氏だ。Ballmer氏は米国時間7月30日、金融アナリストを集めてアナリスト向けのカンファレンス「Financial Analyst Meeting(FAM)」を開催中、公開するつもりのない情報が入ったスライドをうっかりダウンロードサイトに掲載してしまったようだ。

 Ballmer氏はFAMのプレゼンテーションで、「Yahoo Deal Overview(Yahooとの提携の概要)」というタイトルの付いたそのスライドを見せることはなかった。しかし、Seattle Timesの記者、Brier Dudley氏がこれを目ざとく見つけていた。

 このスライドによると、MicrosoftはYahooとの提携の最初の2年で、3億ドルの損失を見込んでおり、その後、一定水準のリターンを得る(「4億ドルの定常状態」と説明している)としている。

 スライドの「context -- not for disclosure(状況ーー非公開)」の部分には、Microsoftが負う特定コストに関する詳細情報がある。このカラムの横には、同社が公式に認める省略・整理した(特定ではない)情報が並んでいる。

 「Transition costs(取引のコスト)」とするアイテムには、以下が含まれている。

  • リテンションコスト(取引が完了する前と後のコスト):9000万ドル
  • 検索広告の研究開発:1億7000万ドル
  • GFS(Global Foundation Services)/COG(売上原価):1億4500万ドル
  • Sign-on:1億5000万ドル
  • Algo(アルゴリズム)研究開発:7000万ドル
  • 広告主マイグレーション:5000万ドル

 Ballmer氏とオンラインサービス担当社長のQi Lu氏の両氏は、7月30日のカンファレンスで、MicrosoftとYahooの検索における提携は両社にとってWin-Winであることを強調した。Ballmer氏は1時間半を費やしてYahooとの提携について説明したものの、「誰も理解していないようだ」と口にした。

 Microsoftの幹部は、Yahooとの提携のコスト(長期的・短期的)について、意図的にあいまいにしている。だがBallmer氏はFAMでのスピーチ中、短期的には大きな収益を上げるとは予想しておらず、取引コストの「数億ドル」を自社が吸収すると思っておいてよいと述べた。Ballmer氏はまた、この取引はYahooにとってすばらしいもので、--市場が興奮しているとはいえない事実にも関わらず--この取引はMicrosoftの新しいパートナーにとって収益を70%拡大させるだろうと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]