編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

MS、「Windows 7」ファミリーパックの価格を149ドルに決定

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2009-08-03 14:55

 ワシントン州レッドモンド発--Microsoftは米国時間7月31日、「Windows 7」のファミリーパックバージョンの価格を149ドルに設定したと述べた。ファミリーパックでは、ユーザーは最大3台のPCをWindows 7の「Home Premium」エディションにアップグレードすることができる。

 Microsoftは、ファミリーパックを提供すると以前から述べていたが、価格については明らかにしていなかった(実際のところ、Microsoftは、インターネット上に流出したWindows 7のテストバージョンに関するライセンシング条件内でファミリーパックに言及したことによって、うっかりファミリーパックの存在を認めてしまった)。ファミリーパックは、「XP」および「Vista」からWindows 7に移行するユーザーを対象とする。

 さらに、Microsoftは「Windows Anytime Upgrade」オプションの価格体系も発表した。同オプションでは、ユーザーはあるバージョンのWindows 7から別のバージョンに移行することができる。

 Microsoftによると、「Windows 7 Starter」からWindows 7 Home Premiumへの移行には、79.99ドルがかかるという。これは、ネットブックの所有者にもっと多くのWindows機能が使えるようになると納得させることで、Microsoftが販売したいと考えている主要なアップグレードの1つだ。

 ほかの価格もいくつか挙げておくと、Windows 7 Home Premiumから「Windows 7 Professional」への移行には89.99ドル、Windows 7 Home Premiumから「Windows 7 Ultimate」への移行には139.99ドルが必要だ。後者の移行は高価だが、それでも「Windows Vista Home Premium」から「Vista Ultimate」への移行にかかるコストに比べると12%安い。

  移行に必要なのは新しいプロダクトコードの入力だけなので、Windows 7のAnytime Upgradeはわずか10分程度で完了するとMicrosoftは述べた。Vistaの場合だと、移行の際は特別なAnytime Upgradeディスクを使う必要があった。

 米国と、そのほかの11カ国では、店頭およびオンラインでアップグレードコードを購入することが可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]