編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、「Windows Server 2008 R2」を公開

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-08-15 08:28

 Microsoftは予定通り、米国時間8月14日にMicrosoft Developer Network(MSDN)とTechNet加入者向けに「Windows Server 2008 R2」を公開した。

 Microsoftは7月29日、「Windows 7」のRTMと同時にWindows Server 2008 R2のRTMをリリース、OEMはWindows 7のサーバ側補完技術を入手した。

 Microsoftは8月14日の東部標準時午後1時頃、MSDNとTechNetでWindows Server 2008 R2のダウンロード提供を開始した。同日公開されたのは、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、イタリア語、スペイン語で、それ以外の言語は8月21日に公開となる予定だ。

 Windows Server 2008 R2は、仮想化にフォーカスした複数の機能など、多くの新機能を持つ(Microsoftは自社ウェブサイトにて、Windows Server 2008 R2の最新の機能一覧を掲示している)。

Microsoftは米国時間8月12日に、「Software Assurance」契約を結んでいるボリュームライセンス顧客へコードを公開した

 Windows Server 2008 R2の一般提供は10月22日の予定だ。Microsoftは米国で11月9日より、Windows 7、Windows Server 2008 R2、「Exchange 2010」など企業にフォーカスしたローンチイベントを開始することになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]