MSの戦略「ソフトウェア+サービス」の中核を担うExchange Server 2010 - (page 2)

杉山貴章(オングス)

2009-08-28 21:31

 メールヒント機能はOutlookがExchange Serverと連携して、メールを送信する前に一定のチェックを実施するという機能。メールヒントによって送信ミスや無駄なメールの送受信を削減することができるとのことだ。

メールの誤送信を防ぐメールヒント機能(画像をクリックすると拡大します) メールの誤送信を防ぐメールヒント機能(画像をクリックすると拡大します)

 「場所を問わないアクセス」に関しては、次のような新機能が紹介された。

  • スレッドビューによる操作性の向上
  • ボイスメールのテキスト変換
  • メールや予定表への自在なアクセス
  • 外部パートナーとのカレンダーの共有

 特筆すべきはInternet ExplorerだけでなくSafari、Firefoxからのアクセスにも対応する点だろう。携帯電話などのモバイルデバイスにも対応しており、プラットフォームを選ばず統一された操作感を提供するという。

 「柔軟性と信頼性」については、次の項目を注目すべき点として挙げている。

  • 高可用性と柔軟なデザイン
  • 役割管理モデル、セルフサービス
  • 柔軟な導入および展開の提供

 役割管理モデルは、特定の業務をExchangeの管理者ではなく、その業務の専門家によって行えるようにするモデル。例えば監査業務では過去に送受信されたメールの調査が不可欠であるが、現状ではこの作業は全メールの閲覧権限を持つサーバ管理者しか実施することができない。これに対して、法務担当者に必要な権限を適切に移譲できるのが、Exchange Server 2010で導入されたセルフサービス機能である。

Exchange Server 2010のアーキテクチャ

 セッションの後半ではExchange Server 2010のアーキテクチャについての解説が行われた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]