編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

オラクル、「Oracle Database 11g Release 2」をリリース

文:Larry Dignan(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部

2009-09-03 18:10

 Oracleは米国時間9月1日、「Oracle Database 11g Release 2(R2)」をリリースした。11gが最初に公開された2007年7月から2年ぶりのアップデートとなる。

 Oracleでデータベース製品管理を担当するバイスプレジデントのMark Townsend氏によれば、R2ではハードウェアの統合や仮想化を重視したという。

 主な改善点は以下の通り。

  • 「Oracle Real Application Clusters(RAC)」へのサーバプール技術の追加。データベースグリッドのプロビジョニングや管理が容易になる。
  • 「RAC One Node」の追加。ミッションクリティカルではないが冗長性を確保したいデータベースの統合が簡単になる。
  • 「Automatic Storage Management」機能の改善。クラスタファイルシステムの管理をサポートするツールが追加された。
  • 「Oracle Exadata Storage」アプライアンス向けのパフォーマンス改善と最適化
  • データウェアハウス(DWH)システムにおけるクエリパフォーマンスの改善。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]