編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マイクロソフトが「Google Chrome Frame」へ回答、セキュリティ懸念を示す

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2009-09-27 00:34

 Googleが先に発表した「Internet Explorer」で「Google Chrome」ブラウザを動かすプラグイン「Google Chrome Frame」について、Microsoftが反応することはないだろうと思っていた。

 だが、予想は外れた。

 私がMicrosoftの幹部にChrome Frame(HTML5などの高機能をIE 6、IE 7、IE 8ユーザーも利用できるようにするというのがGoogleの売り込みだ)についてコメントを求めた翌日、Microsoftから返事があった。同社の代表者は電子メールで、以下のような声明文を記している。

 Internet Explorer 8でわれわれは大幅な進化と機能更新を行い、ウェブブラウザの安全性を強化した。プラグインの一般的なセキュリティ問題とGoogle Chromeの安全性を考慮すると、プラグインとして動くGoogle Chrome Frameはマルウェアと悪意あるスクリプトが狙う攻撃エリアを倍増することになる。われわれはユーザーにこのようなリスクを犯すことを推奨しない。ウェブブラウザの安全性を深いレベルで知るには、NSS Labsが提供しているフィッシングとマルウェアに関するデータを参照することをお勧めする。

 Microsoftのコメントは的を射たものなのか、Googleに対抗するための必死の対抗策なのか、読者の皆さんはどう思いますか?

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]