日立と日本オラクル、DBサーバ統合分野で協業--共同で検証やサポートを実施

大河原克行 2009年10月26日 13時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所と日本オラクルは10月26日、データベースサーバ統合に関する協業を発表した。日本オラクルのデータベースクラスタリング技術「Oracle Real Application Clusters(RAC)」と、日立のブレードサーバ「BladeSymphony」およびエンタープライズストレージ「Hitachi Universal Storage Platform V」を活用し、既存のサーバ環境の効率的な集約を実現するデータベース統合の検証を完了。これを受けて、日本オラクルのオラクルグリッドセンター内に、「日立-Oracle DB統合センター」を開設する。

三澤智光氏 日本オラクル常務執行役員、システム事業統括本部長の三澤智光氏

 日本オラクルの常務執行役員、システム事業統括本部長の三澤智光氏は、「サーバ統合においては、サブシテスムやウェブサーバの領域では進展しているものの、基幹系となるデータベース統合については取り残されているのが現状。I/O処理の重いデータベースは仮想化ソフトでの統合に課題があるほか、基幹系で求められる可用性に課題が残ること、統合してもデータベースインスタンスが残り、運用管理工数がかわらないという課題がある。大手企業の中では、2000〜3000ものデータベースインスタンスを維持している例が稀ではなく、これらを継続運用するデメリットに対して、日本のユーザーがそろそろ気がつく時代に入ってきた。日本オラクルでは、物理統合でなく、論理層を仮想化することで、可用性向上、運用管理工数の大幅な削減が可能になる」としたほか、「2009年から2010年にかけて、出荷後5年を迎えるOracle Databaseで利用しているIAサーバが国内に約6万台あり、統合の動きやアップグレードの波が間違いなくやってくる」と述べた。

 両社では、オラクルグリッドセンターにおいて、5年前に構築したWindows Server上のOracle Database 9iを、BladeSymphonyの小型高集積モデル「BS320」上のOracle Database 11gに集約する例をモデルケースとして検証。24台のPCサーバで構成していたシステムを、処理性能はそのままに3枚のブレードサーバに統合し、既存のサービスの処理性能に影響を及ぼすことなく、品質を確保できたという。

 検証作業は、性能ベンチマークおよびOracle Database 11gで搭載されている暗号化機能の性能への影響をフェーズ1として検証。さらに、統合手順の確立、統合環境でのサービス配置のベストプラクティスの検証をフェーズ2として展開。続けて、ストレージ統合による付加価値の確認や、ディザスタリカバリおよびOracle Database 11gの新機能への影響などをフェーズ3として検証する。 

 日立-Oracle DB統合センターでは、検証で得られたノウハウを活用し、データベース統合に関するアセスメントや、移行における支援サービスの提供を行うほか、2010年1月以降には、統合環境設計サービス、旧バージョンからのアップグレードやデータ移行を支援するマイグレーションサービス、データベース稼働診断サービスといったデータベースの環境設計や安定稼動の支援を含めた、データベースのシステムライフサイクルをサポートするサービス群の提供などのテクニカルサービスも開始する。

山本章雄氏 日立製作所、情報・通信システム社情報・通信グループ エンタープライズサーバ事業部事業部長の山本章雄氏

 日立製作所、情報・通信システム社情報・通信グループ エンタープライズサーバ事業部事業部長の山本章雄氏は、「情報システム部門では、データベースサーバ統合において多くの課題は解決できるはずという思いはあっても、確証が持てないという状況にある。また、経営者は、コスト面でのメリットが証明できれば、情報システム部門の意見を採用したいという声がある。そうした課題に対して、統合の効果を実証していくのが、今回の協業の狙い。まずは日本での取り組みが中心となるが、検証結果は、重要な成果であり、海外に展開する上でも大きな武器ができた」としている。

 一方、三澤氏は、「今回の日立との協業は、サーバ統合に適したBladeSymphonyにおいて検証を行い、具体的な数値目標を立てて行っているのが特徴。Oracleを販売しているパートナーとしては日立の規模は大きい。日立のサーバではLinuxが中心で動作しているが、そのまわりにはたくさんのWindowsサーバが動いており、この成果が活用できる。ただし、日本オラクルは、特定のメーカーと行うというものではなく、オープンプラットフォームに対しては前向きに取り組む」とした。

山本章雄氏 日立製作所と日本オラクルでは「日立-Oracle DB統合センター」を共同で設立。検証で得られたノウハウを元に、データベース統合に関する各種のサービスを提供していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]