編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ローソン、フランチャイズ本部の情報分析を強化--SASの流通向け製品を採用

冨田秀継(編集部)

2009-11-19 12:50

 ローソンはフランチャイズ各店舗の情報収集とその分析力を高めるため、SAS Institute Japanの流通業向けソリューション「SAS Merchandise Intelligence」を採用した。11月19日にSAS Institute Japanが発表した。

 受注金額は非公開だが、SAS Merchandise Intelligenceの最少構成価格は2000万円から。SAS Institute Japanとアクセンチュアがローソンに共同で提案、導入と構築も共同で行った。

 ローソンでは全社を挙げた業務改革「PRiSM」を推進中で、店舗や物流のシステム、コミュニケーション基盤などを再構築した次世代ITシステム「ローソン3.0」の構築を進めている。また、同社は情報戦略を統括する「インテリジェンス・コンピテンシー・センター」(ICC)を設置しており、フランチャイズ本部発信型のインテリジェンス機能の提供を目指している。

 SASのETL(データの抽出、変換、ロード)はデータマイニングの分析モデルを統合しているのが特徴。今回の採用は、この特徴が決め手の1つになったという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]