編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

コアラのマーチ製造工場で設備管理システムが稼働--ロッテのコスト削減策

冨田秀継(編集部)

2009-12-10 11:45

 ロッテは埼玉県の狭山工場で設備管理システムを構築した。食の安全と事業継続、コスト削減を目的としたシステム。日本IBMが11月10日、発表した。

 狭山工場は「キシリトールガム」「コアラのマーチ」といったロッテの主力製品を製造する拠点。今回導入した設備管理システムでは、日本IBMの設備保全管理ソフトウェア「IBM Maximo Asset Management」を採用。2009年5月からシステム構築を始め、11月に稼働を開始させている。

 ロッテでは、設備情報の正確な管理を通じた食の安全管理、製造ラインの停止を未然に防止する事業継続、設備管理の一元化によるコスト削減といった効果を見込んでいる。

 IBM Maximo Asset Managementは、設備などの資産のライフサイクル管理と保守管理を提供する製品。資産状況や関連する作業プロセスの情報を分析し、顧客の業務改善を支援するものとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]