日本オラクル、人材管理機能を強化した「PeopleSoft Enterprise 9.1」発表

大川淳 2009年12月15日 12時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは、基幹業務アプリケーション最新版「PeopleSoft Enterprise 9.1」を発表した。人材管理の分野をはじめとした新機能を追加するとともに、ユーザー画面を一新し、使いやすさの向上を図っている。また、運用と保守など、システムのライフサイクル管理も拡充された。

 スケジュールとしては、2010年1月に、人材管理アプリケーション「PeopleSoft Enterprise 9.1 Human Capital Management」を投入、その後、2010年第1四半期中に、CRMアプリケーション「PeopleSoft Enterprise 9.1 CRM」、財務会計とSCMアプリケーション「PeopleSoft Enterprise 9.1 Financials and Supply Chain Management」を順次出荷する予定だ。

保々雅世氏 日本オラクル常務執行役員、アプリケーション事業統括本部長の保々雅世氏

 日本オラクル常務執行役員、アプリケーション事業統括本部長の保々雅世氏は「PeopleSoft Enterprise 9.1は、米Oracleが2005年にPeopleSoftを買収して以来、3回目の改版となるが、今回が最も大きく変化している」と述べ、人事関連をはじめ、統合経営、資産効率化など、1350の新機能を盛り込んでいると説明した。

 国内において「PeopleSoft Enterprise」製品は、人事関連のアプリケーションに対する需要が大きいが、今回の「PeopleSoft Enterprise 9.1 Human Capital Management」でも、特にタレントマネジメントについての機能強化に焦点が当てられている。

 タレントマネジメントとは、企業内の従業員としての個人、また、彼らが構成する組織の生産性を高め、ビジネスに必要なスキルの習得を促し、優秀な人材の維持、能力開発を、企業が全体として統合的に、いわば、事業戦略の一環として推進する、人材管理の手法であるとされる。

 タレントマネジメント関連機能の大きな特徴としては、企業内のさまざまな役職、任務の後任者選定の計画を効率化する「後任計画(Succession Planning)」が追加された。この機能は、人材の配置を最適化することで、事業を遅滞なく円滑に遂行できるようにすることを目指すものだ。従業員各自を、適性にあった職務に配置することが主目的といえるが、主要な役職の人事に限らず、組織体としての企業全体にわたり、従業員の病気、転職など何らかの理由により、急な欠員が生じてしまう場合、迅速に人員補充ができるようにしておくことも、危機管理のうえで大きな役割となる。

後任計画 「後任計画」の機能では、人材情報を効率的に収集、分析し、最適な人事の指針を示す

 この機能では、横軸を「成果」、縦軸を「潜在能力」として、それぞれ3段階、計9つのマトリクスの中で、各人材がどこに位置づけられるかをプロットし、各人材の現在のスキルレベルと目指すべき方向性を論理的に表示する「9ボックスレイティング」と呼ばれる評価手法を用いる。これにより、企業全体や組織、また役職や役割に必要な人材像を客観的に把握し、その人材像に必要なスキルとそのスキル習得に必要なトレーニングなどを効果的かつ迅速に判断し、提案することができるという。

 また、技術的な面では、操作性の改善が重視され、ナビゲーションメニューの改良、マウスオーバーによるポップアップ、先読み入力など、ユーザーインターフェースを使いやすくする点に注力している。さらに、セキュリティ強化、管理コスト削減にも配慮しているほか、オープン性重視の観点から、他社データベースとの連携も強化されているとする。

安井清一郎氏 日本オラクル、アプリケーション事業統括本部HCM本部シニアマネジャーの安井清一郎氏

 タレントマネジメントのソリューションへの需要は「数年前まで、国内にはあまりなかった」(アプリケーション事業統括本部HCM本部、シニアマネジャーの安井清一郎氏)という。

「人材管理のための取り組みは、さまざまな形態で行われてきたが、個別的な業務の遂行に力点が置かれたり、人材情報が業務ごとに分散してしまうなど、部分最適はできていても、全体最適にはなっていなかった。そのため、手詰まり感が出てきている」(安井氏)

 安井氏は「今回の製品は、企業の抱えるそのような課題に応えるもの」と話す。同社では、タレントマネジメントに対処できるソリューションの導入を考える企業が今後さらに増大すると見込んでおり、需要拡大に期待をかけているという。

 PeopleSoft Enterprise Human Capital Management 9.1のライセンス提供の参考価格は、社員100人に対し201万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]