日本オラクル、サーバ仮想化ソフトウェアの最新版「Oracle VM 2.2」を日本でも提供開始

藤本京子(編集部) 2009年12月09日 17時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは12月9日、サーバ仮想化ソフトウェアの最新版「Oracle VM 2.2」を日本市場でも同日より提供開始すると発表した。Oracle VM 2.2は、10月に米国サンフランシスコで開催された「Oracle OpenWorld」にて発表していたXenベースの仮想化ソフトだ。

 Oracle VM 2.2は、「インテル Xeon プロセッサー 5500番台」や「6コアAMD Opteronプロセッサ」に対応している。また、最新のXen 3.4および「Oracle Enterprise Linux 5.3」をベースとした新カーネル(dom0)を採用したことで、ハードウェア仮想化ゲストと準仮想化ゲストに対するパフォーマンスや拡張性、セキュリティが向上した。特に、Microsoft Windowsをはじめとするハードウェア仮想化のゲストOSのパフォーマンスが向上したという。

 さらに2.2では共有ディスクファイルシステムの「Oracle Cluster File System (OCFS2) 1.4」をサポートしており、スパースファイルサポートなどの機能によって仮想マシンの高速なプロビジョニングやクローニングが可能となった。また、マルチパスストレージデバイスに対応し、クラスタ化されたアプリケーションのパフォーマンスを向上させている。

 Oracle VM 2.2にはグリーンコンピューティングに対応する機能も備わっている。例えば、CPUパワーマネジメント機能が強化されており、仮想マシンごとに仮想CPUのスケジューリングの優先度を設定したり、各VMがアクセスできる最大CPU時間をパーセンテージで設定できるようになっている。

 2.2は、5月に買収したVirtual Ironの技術をOracle VMに統合する最初のバージョンで、Virtual Ironの仮想マシンをOracle VMの仮想イメージに移行する機能なども提供している。

 Oracle VM 2.2は、サポート料金のみで提供される。サポートの価格は、1年間の「Oracle VM Premier Limited」の場合で1システムにつき6万8355円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化