編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東芝ソリューション、クラウドビジネスへの取組みを発表--クラウド関連サービスを体系化

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-13 18:46

 東芝ソリューションは1月13日、クラウドビジネスへの取り組みについて発表した。

 具体的にはこれまでに蓄積したシステムインテグレーションのノウハウをクラウドビジネスにも活用し、インテグレーションを中核としたコンサルティングから構築、運用、保守までをトータルにサポートするクラウドサービスをメニュー化するとしている。また、特色のある自社製アプリケーションのSaaS対応も順次行っていく予定だ。

 同社は、提供するサービスについて、次の4つを柱にトータルクラウドサービスメニューとして体系化した。

  • クラウドの最適活用を企画、計画する「クラウドコンサルテーション」
  • アプリケーション構築基盤技術を活用した「クラウドアプリケーション構築」
  • 仮想化、サーバ統合技術などによる「クラウド基盤構築」
  • クラウド環境の運用をサポートする「クラウド運用サポート」

 これらのサービスメニューにより、導入検討フェーズから設計構築フェーズ、運用フェーズにいたるシステムライフサイクル全般におけるユーザーの課題解決をサポートできるとしている。

 一方、自社製アプリケーションのSaaS対応については、独自技術である日本語処理技術やXML技術を生かした情報活用機能、人財管理ソリューションとして定評のある教育管理システム「Generalist/LM」など、特色のあるものから順次SaaS化し、サービスを提供していくという。

 また、クラウドビジネスを支える技術を強化するため、同社のIT技術研究所を中心に進めてきたクラウド関連技術の研究開発を応用し、プライベートクラウドとパブリッククラウドの混成システムであるハイブリッドクラウドをシームレスに連携させる構築運用技術、クラウド時代の新たなセキュリティ脅威に対応するクラウドセキュア化技術などの分野で差異化を図っていきたいとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]