編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

デスマーチ撲滅への「飛躍」なるか--大手SI事業者、外部設計書の記述を標準化

田中好伸(編集部)

2007-09-19 21:06

 デスマーチはデスマッチになりやすい――。SI業界でよく言われることだ。しかし、そのデスマーチを撲滅するための即効薬は、いまだ存在しない。そうしたなかで、デスマーチを撲滅するための「小さな一歩だが、大きな飛躍」と関係者から期待されている文書類が公開された。

 NTTデータなど大手SI事業者6社が2006年4月から共同で立ち上げた「実践的アプローチに基づく要求仕様の発注者ビュー検討会」(発注者ビュー検討会)の第1弾の成果物がこのほどウェブで公開されたのである。同検討会には、NTTデータのほか、富士通、NEC、日立製作所、構造計画研究所、東芝ソリューションの計6社が参加している。

 発注者ビュー検討会は、情報システムの仕様について、ユーザー企業にわかりやすい記述方法と合意方法を共同検討することを目的としている。対象とする工程は、要件定義後の外部設計の段階。この段階では、発注者であるユーザー企業と受注者であるSI事業者との間で意識のズレが生じたり、発注者と受注者で互いの意図とは異なる理解をしているという事態が起きやすい。検討会では、こうした事態を防止するためのガイドラインとなる。

図 提供:発注者ビュー検討会

 このガイドラインでは、設計書や関連する資料の表現や確認方法、レビューの方法を“コツ”として集約し、外部設計工程における生産物の単位に整理、具体的には「画面」「データモデル」「システム振る舞い」の3つに分けられている。今回、公開された成果物は、画面に関する「発注者ビューガイドライン(画面編)」と、関連する用語集になる。

 今後発表されることになるデータモデル、システム振る舞いも含めた発注者ビューガイドラインは、SI事業者のSEとユーザー企業の情報システム部門や業務部門を読者としている。検討会の中心になるNTTデータでは、これらのガイドラインを利用することで、「ユーザー企業にもわかりやすい外部設計書を作成できることで、発注者も開発者も目標とするシステム像を共有し、発注者の思い描くシステムが実現される」と期待している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策

  2. 運用管理

    人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線

  3. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  4. 経営

    脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC

  5. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]