編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

「Bing」のシェアが12月も微増--米調査

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-01-18 07:44

 comScoreが2009年12月の全米検索シェア調査結果を発表した。Microsoftの「Bing」は引き続きシェアを微増させた。

 Bingのシェアは12月、10.7%となった。これは11月の10.3%からの増加となる。Yahooはシェア値を落とし、11月の17.5%から12月は17.3%となった。Googleは地位を保ち、12月は65.7%、11月は65.6%だった。

 Microsoftは相変わらず、検索シェアを増やすためにありとあらゆる手段を講じている。1月、MicrosoftはHewlett-Packard(HP)が自社製PCのほとんどの機種でBingをデフォルトの検索エンジンとして採用することを発表した。Microsoftは同じような提携をVerizonとも結んでいる

 このほかの検索関連のニュースとして、Microsoftの最高経営責任者(CEO)Steve Ballmer氏は、サイバー攻撃を理由に中国から撤退すると脅しているライバルGoogleとは違い、自分たちは中国から撤退しないと述べている(このサイバー攻撃は「Interenet Explorer」の脆弱性を悪用したゼロディ攻撃と関連しているが、Microsoftが先に明らかにしたところによると、これはMicrosoftには影響しないという)。

 MicrosoftがYahooのサービスに検索結果を提供することなどを含むMicrosoftとYahooの提携は、まだ規制当局の承認待ちだ。(もし)当局が承認すれば、Microsoftの検索シェアはこれまで以上の増加率で拡大するだろう。だが、Bingのシェア増加がYahooのシェア減少と同時に起こっていることを考慮すると、Microsoftが当初期待していたほどの増加は望めないかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]