編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NRI、新データセンター建設へ--200億円投資、クラウドの中核として活用

富永恭子(ロビンソン)

2010-01-28 15:17

 野村総合研究所(NRI)は1月28日、国内で5カ所目、首都圏で4カ所目となる新データセンターを東京都多摩市に建設することを発表した。拡大するアウトソーシング事業の拠点であり、クラウドサービスの中核拠点として活用するという。

 新データセンターの建設予定敷地面積は1万9496.3m2。延べ床面積も、2007年建設の「横浜第二データセンター」(延べ床面積1万5888m2)を上回る規模が計画されているという。これにより、NRIの全データセンターの延べ床面積は約3割増加するとしている。NRIは新しいデータセンターの建設に約200億円を投資し、2013年3月までの完成を予定している。

 新データセンターは、生体認証装置や3Dボディスキャナーなどのセキュリティ設備、免震や制震などの地震対策技術、24時間の有人監視体制など、安全性を配慮した技術や設備が導入されるとしている。多重化された拡張性の高い電源システムや気流環境を最適化する空調設備、IT機器や設備の稼働状況にあわせ最適運転を実現するための制御機能なども設置する予定だという。

 自然エネルギーを活用し、省資源でエネルギー効率の高い技術を導入するなど、最先端のグリーンITを活用し、環境性能を高めることで、社会の環境負荷低減にも貢献するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]