編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東芝ソリューション、「MCFrame」を加え製造業向け統合SCM事業を強化

富永恭子(ロビンソン)

2010-02-03 19:41

 東芝ソリューションは2月3日、製造業向け統合SCM事業の強化として、生産管理ソリューションラインアップに、国内製造業の生産、販売、原価に特化したパッケージ「MCFrame」を加え、さらに幅広い製造業のユーザーに対して、課題解決に向けたソリューションを提供していくと発表した。

 MCFrameは、東洋ビジネスエンジニアリングが提供する国内製造業のSCM業務に特化したパッケージソリューションで、組立加工業やプロセス業などの幅広い業種で200社以上の導入実績を持つ。ユーザーから求められる詳細な管理に対応した各種の機能を備え、標準機能のまま短期間、低コストで導入できる点が特徴という。また、ユーザーが容易に使える開発支援ツールと柔軟性、拡張性を併せ持つ「フレームワーク」を搭載することで、国内製造業の競争力となっている独自の業務プロセスを生かすシステムを実現し、業務プロセスの変化にも柔軟に対応できるとしている。

 従来から提供している生産管理ソリューションにMCFrameを加えることで、ソリューション体系を強化し、業務支援ソリューションをはじめ、商品、製品の需給に着目したサプライチェーンを実現する統合SCMソリューションが提供できるとしている。

 同社では、製造産業ソリューション事業部を中心に、新規市場担当の営業事業部、全国6支社、グループ会社の連携で、今後3年間に10億円の販売を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]