編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフトのモバイル戦略の手がかりとなるもう1つのキーワード:「Dorado」

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-02-05 12:43

 Microsoftはモバイルに関連して、「Pink」「Turtle」「Pure」「Rouge」「Zune Phone」など多数の開発コードを持っている。

 その中に、難解なMicrosoftの“モバイルパズル”において重要なピースとなる開発コードがある--「Dorado」だ。Doradoは、PC向けの「Zune HD」インターフェースソフトウェアの開発コードで、新しいものではない(Zune HDのブランディング/マーケティングパートナー、Central Planning TVがDoradoについての動画を作成している)。


 Zune HDユーザー(わたしもその1人だ)ならご存知のように、DoradoはMicrosoftらしくないソフトウェアだ。Windowsスタートメニューも「Ribbon」もなく、Microsoft社内で開発された技術を利用しているがユーザーエクスペリエンスは非常に異なる。

 現在、DoradoはZuneプレイヤーのバックエンドハブとしての役割を持つ。だがMicrosoftの代表者が述べているように、Microsoftは専用メディアプレイヤービジネスにとどまるつもりはない。Microsoftの計画は、Zuneを音楽サブスクリプション、動画サブスクリプションなどのメディアプレイヤー、携帯電話、ゲーム機(そして、たぶんPCも)向けサービスに変えることだ。

 では、この計画がDoradoになにを意味するのか?「iTune」のように、現在のコンテンツに加えて、ソフトウェア、電子書籍、ゲームなどを「Windows Phone」と「Xbox」のユーザーに配信するようになるのだろうか。

 MicrosoftはDoradoの将来を明らかにしていない。実際のところ、Microsoftの代表者は先週公開した「メンテナンスリリース」である「Dorado 4.2」で行った水面下の調整や新機能についてのコメントを控えており、ZuneのPCソフトウェアそのものについて多くを語らないだろう。だが、Microsoftは携帯電話メーカーが自社端末にZuneを搭載することを認める計画であることから、外部の人は、次の動きについてさまざまな推測をしているようだ。

 「ZuneのアプリケーションであるDoradoは、『Windows Mobile 7』においてiTunesに匹敵するサービスとなる」というのは、Microsoftに精通したわたしの情報筋だ。匿名を条件に語ってくれた。将来的には「コンテンツの同期、コンテンツの購入、デバイスの更新」などの機能を提供するという。そして、MP3プレイヤーと携帯電話の境界線があいまいになりつつあり、携帯電話のバックエンドとしての役割も持つようにDoradoを拡大するのはそれほど難しいことではない、と続けた。

 理論的にはわかりやすい話だが、現実はかなり複雑なようだ。

 Directions on Microsoftのアナリスト、Matt Rosoff氏は次のように述べた。「Appleの『App Store』はPCとMac上のiTunesに統合されている--ユーザーは、iTunesインターフェースを通じてアプリケーションを購入できる。『iBook Store』でも同じような展開になるだろう」「Microsoftの場合、ストアは端末とコンテンツの種類によって異なるため、かなり分断化されているのが現状だ。たとえば、XboxもZuneもエンターテインメントデバイスだが、XboxからZuneのダウンロードや『Zune Pass』にはアクセスできない。しかし、ホームステレオシステムを利用してXboxから音楽を再生するというのは理にかなった方向性だ」

 ZuneSpring.comのTravis Pope氏は、Zuneが「Windows Media Player」を置き換える形でWindowsに統合される可能性は大いにあると見ている。また、iTunesやそのほかのベンダー固有のソリューションとの最大の差別化になるのはビデオともみているようだ。

 Zune Most Valuable Professional(MVP)でInseidetheCircle.netの創業者、Marques Lyons氏は、Zuneを使って更新と同期ができるのはいつか、そもそもその可能性はあるのかに関して、そのためには、Zuneアプリケーションにいくつかの変更が加わるだろうとみる。

 だが、MobileTechWorld.comの編集長、Makram Daou氏は、Doradoを携帯電話のハブにするのは簡単な作業ではない、と述べる。

 「Microsoftはまず、ZuneサービスをWindows上の『Windows Mobile Center』に統合する方法を探し出す必要がある。次のステップは、Zune(プレイヤー)をWindows Mobile端末のデフォルトのメディアプレイヤーにしてしまうことだ。“プレイヤー”といった理由は、Microsoftは現在、世界中の人が利用できる音楽マーケットプレイスという観点でiTunesが提供するサービスを提供できる立場にないと見るからだ」。

 Daou氏は、Microsoftはキャリアが自社の音楽ストアをWindows Mobile搭載機に実装するのを禁止できない点に触れ、キャリアと提携して一部端末でZune Marketplaceを独占的なマーケットプレイスにする必要がある、と続ける。その後も、MicrosoftがWindows MobileでどのようにZuneビデオを扱うのかという問題が待っている。

 「帯域の問題があるので、まずは(iTunesのように)ダウンロード可能なコンテンツを最初に提供し、2011年〜2012年に『Silverlight』ベースのストリーミングになるのではないか」とDaou氏は述べた。

 わたしが話を聞いた人の中で、独占禁止法違反への懸念を指摘した人はいなかった。どの範囲までなら、新たな独禁法不満が持ち上がることなく、MicrosoftはWindowsにZuneソフトウェアを統合できるのだろうか?(単にWindows Media PlayerをZuneソフトウェアで置き換えれば、問題は少ないのだろうか?)

 どのようになるにせよ、今後数カ月の間、Windows Mobile 7とPinkフォンのモバイルOS、さらにはDorado/ZuneインターフェースについてMicrosoftがどのような発言をするのかが注目される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]