編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

就業管理市場、全体では微減だがSaaSは堅調に成長の見込み--ITR調査

富永恭子(ロビンソン)

2010-02-24 20:32

 アイ・ティ・アール(ITR)は、就業管理およびLSP(Labor Scheduling Program)を提供する国内のソフトウェアベンダー32社について製品調査を行い、調査結果を市場調査レポ−ト「ITR Market View: 就業管理市場2010」としてまとめた。

 ITRによれば、2008年度の国内就業管理市場は、トップシェアを誇るアマノが大きく売上げを落としたことが影響し、市場全体の出荷金額は66億円、前年比0.6%の微減となったという。2009年度は、2010年4月から施行される改正労働基準法への対応特需が期待されたが、景気低迷によるIT投資削減の影響が大きく、同1.8%減と2年連続の前年比割れが予想されるとしている。

 また、就業管理市場をパッケージとASP・SaaSの提供形態別で比較すると、2008年度におけるパッケージの出荷金額が前年比で6.2%減となるのに対して、 ASP・SaaS市場は同22.1%増の16億円と急速に拡大。ITRは、この背景に景気後退の影響を受けて初期投資を抑制し、資産取得を回避しようとする企業が多かったことがあるとしている。

 同社では、2009年度もこの傾向が続き、就業管理市場に占めるASP・SaaS型の出荷金額比率は前年比約7ポイント増の31.0%に拡大するとみている。一方、2008年度のベンダーシェアは、就業管理パッケージ市場においてタイムレコーダーの老舗であるアマノが高いシェアを維持し、ASP・SaaS市場では同社の子会社であるアマノビジネスソリューションズがトップを堅持しているという。

 ITRのプリンシパル・アナリストである浅利浩一氏は、「就業管理において高い処理性能や高いピーク性への考慮を必要としない、要件の難易度が高くない企業では、ASP・SaaS型を採用することで初期導入コストを低減できることから、今後も従業員規模1000人未満のセグメントを中心にASP・SaaS市場は成長することが見込まれる。ただし、同市場での価格競争はさらに激化していくものと見られる」とコメントしている。

2008年度国内ASP・SaaS型就業管理市場ベンダーシェア 出荷金額ベースによる2008年度国内ASP・SaaS型就業管理市場ベンダーシェア(出典:ITR「ITR Market View:就業管理市場2010」、出荷金額はベンダー出荷のライセンス売上げのみを対象とし、3月期ベースで換算)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]