IT業界に求められる人材は“システムアーキテクト”--NTTデータが提言

新澤公介(編集部) 2010年03月01日 13時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これからのIT業界に求められる人材は、ビジネスとITを橋渡しできる「システムアーキテクト(SA)」――。NTTデータと野村総合研究所(NRI)が2月26日に開催した「ITと新社会デザインフォーラム2010」で、NTTデータ経営研究所 情報戦略コンサルティング本部長パートナーの三谷慶一郎氏がIT人材像について提言した。

 三谷氏は「新たなIT人材像とITサービス産業の変革を目指して」と題し講演。日本の社会と産業が転換期を迎えるなか、求められるIT人材像について語っている。

技術と経営スキルを持つ「ギークスーツ」と設計としての「デザイン」

 三谷氏は日本が抱える諸課題として、国際競争力の低下と労働生産性の低迷、人口の減少や少子高齢化などを挙げている。2050年には4人に1人が75歳以上となり、労働人口は現在の水準に比べて4割減少する見込みという。

  • 日本の国際競争力

  • 日本の労働生産性

  • 日本の人口減少と少子高齢化

三谷慶一郎 三谷慶一郎氏

 三谷氏は、「このような諸課題に直面するのは、世界を見ても日本が初めてのものが多い」と指摘する一方で、「これらの解決策がそのまま(日本の)グローバル展開に生かせる」と訴える。日本は、これまでの提案依頼書(RFP)から企画提案型産業へ、ITを提供するといった労働集約型から仕組みを提供する知的集約型産業へ、それぞれシフトする必要があるとしている。

  • 技術と経営スキルを併せ持つ人材「ギークスーツ」

 このためには、ビジネスとITを橋渡しでき、新たなビジネスモデルやライフスタイルを作ることができる人材「システムアーキテクト(SA)」が必要になると提言している。システムアーキテクトは、構想を立案する能力と実現する能力をあわせ持つ人と定義。技術と経営の両方のスキルを持つ「ギークスーツ」と、ビジョンを設計する意味としての「デザイン」といった素質が必要になるという。

 三谷氏は、日本では技術と経営、文系と理系など、両者のキャリアパスが断絶している状況にあると指摘。その結果、両方の能力をあわせ持つ人材育成が行われていなかったという。人材育成には、大学教育でビジネスと接点を持たせたり、社会全体として情報活用を阻害する制度や仕組みを見直したりする必要があるとしている。

 なお、別稿でNRIコンサルティング事業本部 副部長・執行役員の三浦智康氏による講演「ITと変貌する社会インフラ」を紹介している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算